ドラマ

『10の秘密』第5話あらすじネタバレ|翼の母の死因は火事ではなかった

2020年2月11日放送の第5話『10の秘密』

由貴子の裏切りを知った圭太は、娘の将来のため反撃に出る。

一方、娘の瞳に近づく翼の正体が明らかに。

第5話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

『10の秘密』おもな登場人物(出演者)

引用元:公式サイト

『10の秘密』| 第5話あらすじとネタバレ

ーずっと秘密にしていた事実が、真実だとは限らないー

仕事をクビになり、娘の(山田杏奈)は家を出て、圭太の母・純子(名取裕子)の元へ行ってしまったことで、意気消沈していた圭太(向井理)。

そんな圭太を心配し、家にやってきた純子から、瞳が私立から公立の高校へ行くと言い、菜七子の実家でアルバイトを始めたことを知る。

金銭的な理由で、瞳に私立への進学をあきらめて欲しくない圭太は、不正データと引き換えに3千万円の交渉をしに、帝東建設に再度交渉へ向かった。

そこで宮竜二(渡部篤郎)から、偽装建築を証明するのに必要な手帳は、すでに由貴子(仲間由紀恵)が持っており、圭太と同様、データと引き換えにすでに3億円を手に入れていたことを知る。

そして由貴子はさらに手帳を使い、もう3億を手に入れようとしていた。

圭太が要求した3千万円の10倍の額。宇都宮は、この金額の違いは人間の器の差だと、脅迫は止めて仕事を探せと諭す。
あとが無くなった圭太は、由貴子へ金を貸した永盛(高杉亘)と共謀し、宇都宮から3億円を受け取った由貴子から、3億円を奪うことに成功する。

由貴子は圭太が首謀者だと気づくと、圭太の留守を狙って家に侵入する。しかし由貴子の行動を呼んでいた圭太は、由貴子が家へ侵入したことを確認し、警察へ連絡。

しかし間一髪のところで逃げ出した由貴子に圭太は対面。あの金は瞳のために使うと告げるが、由貴子は必ず取り戻すと譲らなかった。

菜七子(仲里依紗)が帰宅すると、バイトで来ているはずの瞳の姿がない。どうやら伊達翼(松村北斗)に呼び出されたようだ。

中学生と頻繁に会おうする翼に不信感を感じた菜七子は、瞳を探しに行くことに。

公園を通りかかると、瞳と翼が見えた。思わず気づかれないように、近づく菜七子。翼は瞳に、10年前の火事の真相を確かめた方が良いと、話していた。
菜七子は圭太に、翼の行動が怪しいと話した。瞳が10年前の火事のことを気にし出したのは、翼に会うようになってからだ。

その瞬間、圭太の脳裏にある事が思い出される。ある葬儀で見かけた一人の少年。瞳の身が心配になった圭太は実家へ連絡。すると瞳は翼と出掛けていた。

瞳を探しに行く前に、あることを確かめたいという圭太は、翼のアルバイト先のJAZZ Barへ向かい、そこで翼の本名を聞き出そうとするが、マスターは個人情報だから教えてはくれない。

圭太と菜七子は、バーのマスターから野外ライブへ行ったのではと教えてもらい、瞳を探しに向かった。

瞳を見つけた圭太は、菜七子と一緒に先に帰宅させ、翼と話しをすることに。翼の本名は「岩瀬しんいちろう」ではないかと、たずねる圭太。翼は火事の被害者の息子だったのだ。

不注意で起こしてしまった火事で、翼の母を被害に合わせてしまったと詫びる圭太。しかし翼は母は火事で死んだのではなく、火事の前に何者かに殺されたのだと言う。

なぜ母を殺したのかと、ナイフを向ける翼。混乱する圭太は逃げ場がなかった。

『10の秘密』第5話|視聴者の感想

翼の母が亡くなった原因は、10年前の火事ではなく、火事の前に訪ねてきた男によって、殺されたと聞かされた圭太。

予想外の展開に、視聴者の間でも推理合戦が繰り広げられています。

翼はなぜ火事の前に、男が訪ねてきたのを知っていたのでしょうか。

そして翼の母を殺した犯人と動機も気になりますね。

由貴子や帝東建設が絡んでいるのでしょうか。今後は火事の真実に焦点が集まりそうです。