ドラマ

『10の秘密』第9話あらすじネタバレ|明かされる翼の母の死の真相とは

2020年3月10日放送の第9話『10の秘密』

圭太は由貴子を逃がしてしまったものの、逃走に必要な偽造パスポートを奪うことに成功。

「これで由貴子は別人として生きていけない」

そう確信した圭太たちの目の前で、由貴子が乗ったボートが爆発してしまう。

由貴子を狙った犯人は誰なのか?

第9話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

『10の秘密』おもな登場人物(出演者)

引用元:公式サイト

『10の秘密』第9話|あらすじとネタバレ

ー口を閉じても、その目から、その手から、秘密はいつか、漏れ始めるー

由貴子は事故死?打ち切られた捜査

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ、走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。

警察の調べにより、爆発が事故ではなく、故意である可能性が浮上。疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

状況から見て、由貴子が生存している可能性は低く、やがて警察による捜査は打ち切り。事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。

明かされる翼の母と長沼の関係

一方で、(松村北斗)は、母が亡くなった10年前の火事が起こった別荘で、幼い自分が目撃した男は、宇都宮(渡部篤郎)だとにらんでいたが、宇都宮は火事への関与を否定。

当日、別の場所へ行った証拠の写真まで、翼に見せてアリバイを証明していた。

「10年前にいたのは、あんただよな?」と改めて問い詰める翼。翼と圭太は、宇都宮を問い詰めると、火事があった翌日は、ある人のために嘘をついたので、良く覚えているという宇都宮は、2人を帝東建設の社長・長沼(佐野史郎)の元へ連れて行った。

そう、ある人とは長沼だったのだ。

翼の母と長沼は不倫関係にあった。長沼は妻にバレそうになり、別れ話を切り出すと、翼の母は、不倫関係と会社の秘密を暴露すると脅してきた。

長沼は気を許していた翼の母に、つい会社の秘密を漏らしてしまっていたのだ。

ゆっくり話をするため、翼の母を別荘へ呼び出してお金を渡したが、そのまま帰ったという長沼。

翼の母を殺めたということは、きっぱり否定した。

圭太は、長沼が翼の母に、会社の秘密を漏らしていたということに、引っかかりを感じた。

突然母親を失った(山田杏奈)の、複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めるためにも、長沼が漏らした帝東建設秘密を探ることにした。

宇都宮と翼とともに情報を調べていた圭太は、宇都宮から、コスト削減による偽装建築のデータを発見したとの連絡を受ける。その建設を担当していたのは長沼だった。

当時の下請け業者に話を聞きに行った圭太は、その情報が確かである証言を得た。

10年前の火事の真相

再び、長沼を訪ねた翼と圭太は、10年前の真実を知りたいと迫った。

翼の母は、指が動かなくなる病気で、いずれピアノが弾けなくなったら生活ができなくなる不安から、偽装建築を暴露すると、別れを切り出してきた長沼を脅したのだ。

今更、10年前の事件を告発いたとしても、警察は動かないだろう。

これ以上、2人につきまとわれることを回避したい長沼は、話していなかった、真相を語り出した。

長沼は別れ話で、翼の母と口論になり、しがみついてきた彼女を、とっさに振り払ったとき、頭を打ってしまったことを話した。

救急車を呼ぼうとした長沼だったが、隣家から火事が起こったことで、そのまま翼の母を助けず、自分だけ逃げだしたのだ。

長沼の告白を録音した翼と圭太。録音データを警察へ持っていっても、今更捜査はしてくれない。

宇都宮はマスコミへデータを渡し、社会的に抹殺しようと提案した。

以前、圭太が提供した情報提供した記者を呼びだした。長沼に買収され、情報をもみ消したかと思ったが、記者は圭太が信用できないから、記事にしなかっただけだという。翼は録音データを記者に聞かせ、10年前の事件について語った。

翼の話を、真剣に聞いていた記者は、記事にするためには、慎重に動かなくてはと記事の掲載に、前向きな態度を示した。

圭太を買収しようとする長沼

10年前の、翼の母の死の真相を告白した長沼は、その告白を録音されていたと気づき、圭太を買収しようとする。

しかし、圭太は長沼の話には乗らず、長沼に再び会いに来たのは、由貴子を殺したのが、長沼ではないか確認するためだった。

「仙台由貴子は恐ろしい女だよ。」

長沼は、圭太が想像している以上に、由貴子が策略家であることを語った。由貴子が殺されたと聞いた長沼は、圭太の仕業だと思ったという。

「彼女はあの火事のとき…」と長沼が話しかけたところで、圭太に着信が入った。

圭太の家に侵入者

その頃、圭太を驚かせようと菜七子と共に帰宅した瞳。すると家には怪しい人影が。

菜七子は瞳を家の外で待つようにいうと、ゆっくり家の中へ入っていった。

するとそこには、由貴子と一緒に行動していた二本松(遠藤雄弥)の姿が。菜七子に目撃され、攻撃してくる二本松から、必死に身を守る菜七子。

瞳からの連絡で、急いで帰宅した圭太。二本松は逃走し、軽いケガを負いながらも、菜七子は無事だった。

二本松は圭太の家で、何か探していたという菜七子。荒らされた部屋を見た圭太。

「あの男が探すとしたら。。。」

圭太は家族写真が入った、フレームに隠した由貴子のパスポートを取り出した。

「何で必要なんだ。。。」由貴子に、どうしても確かめたいことがある圭太は、由貴子が生きていることを願うのだった。

圭太からパスポートを取り戻すことに失敗し、逃走した二本松は、由貴子と会っていた。小型船の爆発は、由貴子の自作自演だったのだ。

パスポートが無いと、預けたお金が引き出せない由貴子。

「パスポートを盗まれたのは、私のミスだった。大丈夫。必ず取り戻す。私の新しい名前を。。。」

その時、由貴子と二本松が歩いていく姿を、ある人物が目撃していた。

『10の秘密』第9話|視聴者の感想

予想通り?生きていた由貴子。

長沼も恐れる由貴子について、偽物ではないかと考察する視聴者もいるようです。

最後に由貴子と二本松が歩いていく姿を、ハッとした表情で見つめる男性。

彼は一体何者なんでしょうか。。。

瞳からの着信で、話が途切れてしまいましたが、長沼が話そうとしていた、10年前の火事と由貴子の関係が、最期の鍵になりそうですね。