ドラマ

『10の秘密』最終回あらすじとネタバレ|圭太と由貴子最後の決着。それぞれが選んだ道とは

2020年3月17日放送の最終回『10の秘密』

ボートの爆破により、消息が分からなくなっていた由貴子。

何者かによる殺人も疑われたが、それも彼女の策略だった。

娘の幸せのため圭太の選んだ選択とは?

最終回のあらすじとネタバレを紹介していきます。

『10の秘密』おもな登場人物(出演者)

引用元:公式サイト

『10の秘密』最終回|あらすじとネタバレ

ー秘密は生まれ続ける。この世に欲望、弱さ、そして愛がある限りー

生きていた由貴子

圭太(向井理)の家に、刑事が訪ねてきた。由貴子が働いていた法律事務所の人間が、死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)を、空港で目撃したのだ。

空港のカメラに映っている、由貴子の姿を確認した圭太。

圭太はまた二本松(遠藤雄弥)が家にやってくるかもしれないと、(山田杏奈)にもうしばらく祖母の純子(名取裕子)の元にいるように伝える。

由貴子から連絡が来たら、会って警察に連れて行くと言う圭太に、瞳はもう一度会いたいが、何より元の生活に戻りたいと、母への思いを圭太に打ち明けた。

由貴子が生きていることを知り、安堵していた圭太。

(山田杏奈)のためということもあるが、同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことがあったのだ。

奪われたパスポートを取り戻すため、必ずもう一度接触してくる。そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにした。

長沼の退任

一方、松村北斗)は、新聞記者の只見長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった、長沼佐野史郎)を糾弾しようとしていた。

しかし長沼は、不倫相手だった翼の母が倒れたのを放置し、火事から逃げたことを認めるだけ。

録音データを公表するようなことがあれば、逆に名誉棄損で訴えると言ってきた。

長年、長沼の指示で偽装建築を行ってきた件についても、指示していた会社は、長沼によって買収。決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。

自暴自棄になりかける翼を制止し、圭太は「手段はまだある」と言い、宇都宮渡部篤郎)に連絡。

その状況を聞いた宇都宮は、最後の切り札を手に、長沼を追い詰める手段に出た。

その切り札とは、品川のマンションの偽装建築のデータと証拠の手帳。

手帳は宇都宮の手から長沼に渡され、長沼自身が燃やしたはずだったが、その手帳の中身は、宇都宮が全て手書きで書き写した物。

本物は宇都宮が隠し持っていたのだ。

「そんなにまでして、私を追い落したかったのか。。。」長沼の言葉に、宇都宮は帝東建設を守りたいと伝えた。そして、その思いが一番強いのは、長沼であるはずだと。

長沼は、数日中にコメントをマスコミ各社へ送ることに同意。ただし、帝東建設を守るため、偽装建築が行われたのは、品川のマンションの建設のみということになった。

宇都宮は、偽装建築のUSBデータと手帳は、元検査員の圭太から、記者の只見へ渡されたことを条件に、記者の只見に証拠を手渡した。

由貴子と瞳、最後の別れ

密かに、瞳の後を尾行していた由貴子。そこへ純子が声を掛けた。

「終わりにしたら?ずいぶん色々と計画してたみたいだけど、そろそろ諦めたら?」

立ち去ろうとする由貴子に、純子はさらに付け加えた。

「そっくりね。亡くなったお母さんに。娘のことより自分が一番。なのに自分の人生も上手くいかない。あなたそっくりよ。」

母に似ていると言われ、由貴子は「あの人とは違う。何にも知らないくせに」と、不快感を示した。純子は誰にも言ったことがなかったが、昔、圭太と由貴子が婚約したことで、由貴子の母に会いに行っていたのだ。

2の婚約に結納金が無いことを知った由貴子の母は、純子に罵詈雑言を浴びせたという。

純子は由貴子との結婚を辞めさせなければと、急いで立ち去ろうとした。すると、由貴子の母は、純子を追いかけ呼び止めた。

「私はひどい女。でもあの子は違う。あの子から奪わないで。幸せになるチャンスだけは。。。お願いします。。。由貴子には幸せになって欲しい。。。」

「今後、姿を見せない。娘と圭太には迷惑をかけない。1人で勝手に生きて、勝手に死んでいく。」

純子に伝えた通り、由貴子の母は一人で亡くなっていた。

「瞳をわざと傷つけて、自分を憎ませようとしたんでしょ。」と純子に言われ、否定する由貴子。

だが初めて母の思いを聞いて感情を揺さぶられていた。

「でも、あの子は私と違い…幸せになって欲しい。瞳には…。」

由貴子の言葉に涙を流す純子。

「わかった。でも圭太とはちゃんと決着を着けてちょうだいね。」

2人の会話を影から聞いていた瞳は、その場を立ち去ろうとしていた由貴子に「さようなら、お母さん」と最後の別れを告げた。

瞳の声に振り返った由貴子は、瞳の姿を見て微笑むと、足早に立ち去った。

警察に追われる由貴子

宿泊先のホテルも、すぐに警察に嗅ぎ付けられると、ホテルを出ようとしていた由貴子と二本松。

しかし警察が2人の行方を阻んだ。由貴子に恩がある二本松は、警察を制止し由貴子だけを逃す。

その後、警察から圭太の元に、二本松は逮捕され、持っていた3億円のスーツケースを押収したと連絡が入った。

すると圭太の予想通り、八方ふさがりになった由貴子から連絡が来た。

逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうことに。

圭太と由貴子の最後の決着

「これで終わりにする」

圭太は警察へ連絡し、由貴子から連絡があり、翌日会うことを伝えた。

翌朝、予定通り指定した場所へ現れた由貴子。

「仙台由貴子は元々殺すつもりだった。」

あの日、圭太が由貴子を追ってくることは予想済みだった由貴子。

しつこく追ってくる圭太を諦めさせるため、圭太の目の前で死を偽装する計画をたてた。

しかし、パスポートを圭太に奪われることを予測できず、結局逃げ切れなかった。圭太は10年前の知りたかったことをぶつける。

「あの火事のとき、知っていたんだじゃないか?長沼が何をしたのか。」

由貴子はいなくなった瞳を探しているときに、長沼の姿を目撃していた。当時の長沼は、帝東建設の次期社長候補と言われていた時期。

長沼の秘密を握った由貴子は、火事の現場で目撃したことをネタに、帝東建設の顧問弁護士に取り立ててもらったのだ。

だが長沼は、しばらくすると由貴子の存在が怖くなり、由貴子を顧問弁護士から解任しようとする。

「でもあのとき、警察に名乗り出ようって言ってたよな。」

瞳が起こした火事が原因で、人が亡くなったと知った由貴子は、圭太に警察に名乗り出ようと言っていた。

そんな由貴子の意見に、反対した圭太。

「そうあの時、正しい道より、上に登る道を選ぼうと覚悟を決めた。」

由貴子は秘密を隠し通そうと言った圭太の言葉をきっかけに、長沼の秘密を守ることを条件に、上を目指す人生を選んだのだ。

「呼べば?警察。結局あなたの勝ちね。」

逃亡を諦めた由貴子だったが、圭太は警察に、由貴子と会う時間を偽っていた。

「どうして。。。」とまどう由貴子。

「ほっとしたんだよ。もうこれ以上憎まなくて済むって。おまえの全てが嘘だったとしても、幸せだった。あの頃のことを、無かったことにできない。。。できなかったんだ。」

パスポートを置いて、立ち去ろうとする圭太。

「普通に小さな幸せに満足できる人になれると思ってた。。。でもなれなかった。」

そう告げた由貴子の声に振り返った圭太だが、もう由貴子の姿は無かった。

圭太は警察に連絡。由貴子から、やっぱり会えないと連絡がきたと伝えた。パスポートの件を除いて、全てを警察に告白した圭太。瞳は家に戻り、新たな職場を見つけた圭太は仕事に復帰。

帝東建設は、長沼が責任を負う事で経営は守られた。

そして由貴子は、パスポートを手に新たな人生に旅立っていった。