ドラマ

『麒麟がくる』第1回あらすじネタバレと感想|吉田鋼太郎&大塚明夫の2ショットに反響

第1回『麒麟がくる』(2020年1月19日放送)

明智光秀は、鉄砲に興味を持ち、堺へ旅にでます。

『麒麟がくる』第1回 | おもな登場人物

『麒麟がくる』第1回あらすじ|鉄砲と名医を探しに堺と京へ!

明智光秀(長谷川博己)は、領地を荒らす野盗を撃退した際、その頭領が持っていた「鉄砲」という、見たことのない武器に興味を持つ。

美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ、斎藤道三(本木雅弘)に、鉄砲を買いに、旅に出る事を許可して欲しい、と頼むが道三は「わしに何の得がある?」といって、応じてくれない。

そこで光秀は、道三の正室・小見の方が、病に伏せていることを切り出し、京にいる名医を、連れてくると約束。

道三から許可を得ると、鉄砲がどういうものか探る、旅に出ることになった。
本木雅弘演じる斎藤道山
光秀は、堺の鉄砲を売りさばく商人の元を訪れるが、美濃の国を見下している商人は、光秀に鉄砲を売ってはくれない。

しかし、そこで出会った三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られた光秀。

一緒に酒を飲み明かし、翌朝目覚めると松永の姿はなく、1丁の鉄砲だけが置いてあった。
大喜びの光秀は、京へ向かうことに。

そこで名医と名高い、望月東庵(堺 正章)と出会うが、大のばくち好きで、本当に名医なのか、ヤブ医者なのかわからない。

そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になってしまう。

火事の中、光秀は町の少女・ウメを救う。

その姿を見ていた、望月東庵の助手・駒(門脇麦)は、かつて自分も火事の中、大きな手の人に助けられ、こう教えてくれたと話した。

「いつか戦は終わる。そういう世を創る人がきっと出てくる。その人は、麒麟を連れてくるんだ。麒麟というのは、穏やかな国にやってくる、不思議な生き物だよ。それを呼べる人が、必ず現れる。」
門脇麦演じる駒
それを聞いた光秀は、語った。

「旅をして、良く分かりました。どこにも麒麟はいない。何かを変えなければ、誰かが美濃にも、京にも、麒麟は来ない。」と。

『麒麟がくる』第1回 | 視聴者の反応と感想

吉田鋼太郎と大塚明夫の2ショットに、ネットでは反響が大きかったようです。

堺の武器商人として登場した大塚明夫さん。

多くのアニメ作品や映画で、吹き替えを担当している声優です。

ニコラス・ケイジやスティーブン・セガールなどの、日本語吹き替え版を担当していることでも有名ですね。

それにしてもお2人、本当に似てますよね。