ドラマ

『麒麟がくる』第4回あらすじネタバレと感想|菊丸の正体は忍び?

第4回『麒麟がくる』(2020年2月9日放送)

斎藤道三の命により、織田信秀の様子をスパイすることになった、光秀と菊丸。

上手く潜入したかに見えた2人だったが、信秀に怪しまれ命を狙われることに。。

第4話のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第4回 | おもな登場人物



『麒麟がくる』第4回あらすじ|幼い家康登場!菊丸が光秀を助ける?

今川との戦いで、瀕死の重傷を負った、尾張の織田信秀(高橋克典)。

その知らせを受けていた斎藤道三(本木雅弘)は、妻の小見の方の治療を終え、京へ変えるという東庵(堺 正章)に、褒美を授けるとともに、尾張へ立ち寄る予定はないかと尋ねた。

まっすぐ京へ戻ると言っていた東庵だったが、道三は東庵の身の上を調べ上げていた。

東庵は織田信秀とは親密な間柄。ギャンブル好きの東庵は、3年程前に尾張へ立ち寄った際、信秀に”すごろく”で負けた借金が、10貫ほどあったのだ。

ワザとらしく、思い出した仕草をする東庵は、尾張へ立ち寄り、借金を返す予定だと、道三に答える。

その答えを待っていたとばかりに道三は、信秀の容態を探って欲しいと、東庵へ詰め寄った。
患者の情報は、安易に明かせないと、道三の申し出をはっきりと断る東庵。

道三は断るなら、明智光秀(長谷川博己)に、東庵の首を切れと命じた。

すると東庵は、信秀の借金10貫と引き換えなら、道三の申し出を受けるが、それが無理なら首を切れば良いと強気に出る。

道三は東庵の取引きに応じ、東庵が裏切らないよう、(門脇麦)を人質にすることに。

光秀は東庵の目付け役として、お供として菊丸(岡村隆史)を連れ、薬草売りの兄弟に扮し、尾張・古渡城へ潜入することになった。
信秀の屋敷へ到着した東庵は、信秀の傷の具合を確かめることに成功。すごろくの相手をしながら、談笑にふけっていた。

信秀は美濃の様子を聞かせるよう、東庵に持ち掛けたところで、光秀と菊丸扮する薬草売りの兄弟2人が、東庵に薬草を渡しに屋敷へ訪問してきた。

待っていたとばかりに、2人の元へ行こうとする東庵だったが、すごろくの相手が終わっていないと、信秀はなかなか東庵を行かせようとしない。

待ちぼうけを食った、信秀と菊丸。するとそこへ幼い少年が2人の元へ駆け寄り、母に会うために、三河の刈谷へ連れて行ってほしいと頼んできた。

それは竹千代、のちの徳川家康だった。
光秀は、信秀の城から逃げ出そうとしていた竹千代を、何とか思いとどまらせ、城へ帰らせた。

そこへようやく東庵がやってきた。監視の目からなんとか、光秀へ信秀の容態を記したメモを手渡すことに成功。

しかし、東庵の行動を怪しんだ信秀は、2人の薬売り兄弟を捉えるよう、命令を出していいた。

急いで美濃へ戻る光秀と菊丸。しかし2人を捉えようとする、信秀の家臣たちに取り囲まれてしまう。

菊丸を先に逃がした光秀は、1人で応戦するが、絶対絶命。

すると頭上から、何者かが家臣たちに礫(小さい石)を投げつけてきた。

何者かに助けられた光秀は、何とか逃げ出すことに成功。無事、美濃へ帰還した。
東庵からの情報を、道三へ報告した光秀。

信秀の容態は悪く、いつ倒れてもおかしくない重篤な状態とのことだった。

知らせを聞いて喜ぶ道三。報告に満足し、駒を開放する許可を出した。

安心した光秀は、駒に京へ戻る許可が下りたことを告げるが、あまりに喜ぶ光秀に、事情を知らされていない駒は、そんなに京へ帰らせたいのかと、ふくれてしまう。
翌朝、道三へ呼び出されていた光秀は、常在寺の住職・日運から、本能寺を通じて、種子島で鉄砲が作られていることを知る。

そしてそれを命じているのは、第13第将軍・足利義輝とのことだった。

『麒麟がくる』第4回 | 視聴者の反応と感想

明智光秀のピンチを救った”何者”か。

菊丸は忍びではないかという、視聴者の意見が多かったですね。

岡村隆史さんが演じている以上、只者ではない気はしていますが。

幼い徳川家康の可愛さに、キュンとして人も多かったようです。

回を追うごとに、光秀の周りの人間が、今後の展開を予想させる人物ばかりで、視聴者も釘付けになっているようですね。

来週は、足利家がいよいよ登場で、更に波乱の予感です。