ドラマ

『麒麟がくる』第6回あらすじネタバレと感想|細川に狙われた三好・松永を光秀が救う

第6回『麒麟がくる』(2020年2月23日放送)

斎藤道三の命により、京を訪れた光秀は、伊平次を見つけ出す。

そこで松永久秀(吉田鋼太郎)と再会し、鉄砲が戦の抑止力だと知らされた光秀。

しかし、戦は終わるどころか細川と三好の覇権争いで一触即発状態。三好と松永の命が狙われていていた。

第6回のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第6回 | おもな登場人物




『麒麟がくる』第6回|あらすじ「悪化する内部抗争に光秀が一肌脱ぐ」

三好長慶(山路和弘)と松永久秀(吉田鋼太郎)は、将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会に参加するため、秘密裏に京へ訪れていた。

主君である細川春元(国広富之)の様子を、松永にたずねる三好。

細川は今にでも、三好が京に攻め入ってくるのではないかと、疑心暗鬼になっていると、笑って話していた。

伊平次に鉄砲の解体をさせていた、明智光秀(長谷川博己)。

そこで伊平次から、義輝も列席する連歌会で、細川による、松永と三好の暗殺計画を話していた、男たちがいたことを聞く。

京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵藤英(谷原章介)と細川藤孝(眞島秀和)らに相談。

細川春元を嫌っている藤孝は、細川春元では京の安寧は保てないと発言し、三好・松永を助けるため動こうとするが、所詮、細川勢の内輪もめだろうと三淵は止める。

三淵は、「我らは将軍・義輝様に仕える身。動けば義輝様の御攘夷と受け取られる。」として、助けにいけないと断ってしまう。

すると光秀は、「将軍は我ら武士の頭領。将軍が争うなと一言命じなければ、世は平らかにはなりませぬ!」

光秀は1人で、三好・松永を助けに向かった2人の会話を隣で聞いていた将軍・義輝。光秀の熱い思いに動かされ、三淵ら家臣に、光秀を追うように指示した。

後を追ってきた、藤孝たちと合流した光秀。連歌会の席は乱闘騒ぎになっていた。

光秀たちの活躍により、三好・松永を救う事ができたが、傷を負ってしまった光秀。

東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。傷を負い高熱を出した光秀だったが、適切な治療によって熱も下がり、後は傷の回復を待つだけだった。

駒の介抱により、順調に回復していった光秀。

それから十日経った頃、藤孝が松永から受け取った手土産を持って、光秀の見舞いに訪れた。

藤孝は、三淵に放った熱い言葉に心を打たれたことを光秀に話すと、しばらく京に居ないかと提案。

しかし光秀は「京と同様、争いが絶えない美濃に戻らなければならない。いつになるか分からないが、美濃がひとつになった後、全力で力になる」と約束した。

すると、東庵が斎藤道三が戦を始めたと、慌てて飛び込んできた。かつて織田信秀(高橋克典)に奪われた、大柿城を奪還するため兵を挙げたのだ。

大柿城の戦いに、信秀は敗北。道三は城を取り戻すことに成功した。傷が回復してきた光秀は、美濃へ戻る事に。光秀と離れたくない駒も、お供で付いてくることになった。

『麒麟がくる』第6回 | 視聴者の反応と感想

光秀の言葉に、心を動かされた義輝。

それぞれを思いに、光秀の言葉で一気に灯が付いた瞬間が熱くなりました。

誰もが平和を望んでいるにも関わらず、覇権争いが止まない時代。

過去の歴史だと観ている我々ですが、やり方は違えど、現代も決して平和とは言えないのではないかと、考えさせられてしまいます。