ドラマ

『麒麟がくる』第7回あらすじネタバレと感想|織田家への輿入れから逃げたい帰蝶

第7回『麒麟がくる』(2020年3月1日放送)

無事美濃に戻った光秀。

織田信秀は、脅威に感じている今川義元と対抗するため、斎藤道三と和解し、帰蝶を信長の妻に向かい入れたいと申し出ていた。

第7回のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第7回 | おもな登場人物






『麒麟がくる』第7回|あらすじ

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた織田信秀(高橋克典)は、美濃の斎藤道三(本木雅弘)と和議を結ぶため、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出ていた。

京から美濃に戻った明智光秀(長谷川博己)。傷を負ったことを知った母の(石川さゆり)は、光秀の無事を喜んだ。光秀が戻ったのと同時に、訪ねてきた帰蝶。光秀と共に(門脇麦)も一緒に帰ってきたと聞き、帰蝶は駒に会いに行く。

光秀の母・牧は、光秀を叔父の光安(西村まさ彦)から話があるからと、光安の元へ向かわせた。

そこで光安から、帰蝶の輿入れの話を聞かされ、帰蝶の気持ちを聞いてみてくれと、光秀は頼まれてしまう。

帰蝶の元へ行った光秀。帰蝶は光秀が話そうとしていることを察し、幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めてほしいと頼むのだった。道三は、信秀との和議を受けるべきか悩んでいた。

「人を説き伏せるには、まず自らが、それが正しいと思う事が大事ぞ。」

帰蝶を信秀の元へ輿入れすることが正しいのか、光安と光秀にたずねた。

光秀は和議の値打ちを測りかねている。帰蝶を説き伏せるのは、自分には無理だと伝えた。

「説き伏せるが無理ならもう要は無い!出ていけ!」

光秀の答えに、道三は怒り心頭。光秀を部屋から追い出してしまう。しかし、一度言ったら聞かないのが帰蝶。

光秀に頼るしかないと感じていた道三は、すぐさま再び光秀を呼び戻した。

「美濃には海がない。しかし尾張には海がある。国を豊かにするには海を手に入れることじゃ」

尾張の国を手に入れることで、美濃の国が豊かになると考えていた道三。

光秀に帰蝶を説き伏せて欲しいと、改めて命じるのだった。

明智家に戻った光秀。帰蝶は光秀に、うつけと呼ばれる、織田信長がどんな人物か、光秀の目で見て来てほしいと頼む。

「見て、良きお方なら嫁がれますか?」

光秀の問いかけに、帰蝶は答えなかった。

翌日、光秀は身分を隠し、織田信長を探しに熱田へ向かう。熱田の市場は活気があり、豊富な品が揃っている。

光秀は道三の言葉を思い出していた。

すると市場にいた菊丸(岡村隆史)と再会。菊丸は光秀が、信長に会いにきたことを知ると、漁から明け方には戻ってくるだろうと教えた。

そして明け方、織田信長はやってきた。

『麒麟がくる』第7回 | 視聴者の反応と感想

いよいよ登場した、染谷将太さん演じる織田信長。

しかし『聖おにいさん』でブッダ役が似合っていたこともあり、染谷さんの姿はブッダに見えた人が多かったようですw

『聖おにいさん』のブッダ役、似合ってましたよね。

ブッダとは程遠い、うつけと呼ばれた織田信長。

染谷さんの織田信長がどんな姿になるのか、次回から楽しみです。