ドラマ

『麒麟がくる』第8回あらすじネタバレと感想|光秀が苦渋の決断。織田家へ嫁いだ帰蝶

第8回『麒麟がくる』(2020年3月8日放送)

帰蝶を織田信長に嫁がせて良いものか、悩む光秀。

斎藤道三と帰蝶との板挟みになった光秀の結論とは。。。

第8回のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第8回 | おもな登場人物






『麒麟がくる』第8回|あらすじ

帰蝶の頼みで、織田信長がどんな人物であるか、確かめに行った光秀(長谷川博己)。

「あれが信長様じゃ」

菊丸に言われた方向を見ると、日が昇る太陽を背に、漁から戻ってきた船に、織田信長(染谷将太)がいた。

信長は船から降りると、尾張の海辺で釣って来た魚を輪切りにし、1切れ1文で売り出した。光秀は漁師や町の人たちから慕われている、奇妙な出で立ちの信長の姿を、見つめることしかできなかった。この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと、葛藤する光秀。美濃へ戻るが、明智荘へ戻ろうとしない。

母・(石川さゆり)は、思案する光秀の元へ行くと、「変わらずあるものを守ることが、残された者の務め。大事なのは、この国ぞ!」と、美濃国の行く末のことを、一番に考えることが大事だと告げる。

牧の言葉に決心した光秀は、帰蝶の元へ行った。

帰蝶「尾張は良いところか?」

光秀「海が美しいところでございました。」

帰蝶「海か…美濃には海が無い。行ってみてみるか。十兵衛の口から聞きたい。行ってみるべしと。」

光秀「行かれるがよろしいかと。尾張へお行きなされませ。」

帰蝶「十兵衛が申すのじゃ。是非も無かろう。。。」帰蝶が尾張へ行く決心をしたことを知った斎藤道三(本木雅弘)は大喜び。

しかし帰蝶が尾張へ行く決心をした事を知った、嫡男の斎藤高政(伊藤英明)は、光秀が帰蝶を引き留めなかったことで、裏切られたと感じていた。

「一緒に来い。従わなければ斬る。」

光秀は高政に、土岐頼芸(尾美としのり)の元へ連れて行かれる。

頼芸は光秀に、なぜ帰蝶を稲葉山の道三の元へ戻したのかと尋ねた。

光秀は尾張で見た風景を話した。港で得た海産物、賑わう市場、そして他国との交流が可能な土地を手に入れることで、戦をせずに、美濃の国が豊かになるのではないかと、感じたことを話す光秀。

「このことは、各々良く考え、引き続き議を重ねるが良い」

光秀の話を聞き終えた頼芸は、道三と争っても勝ち目がないこともあり、様子をみるしかないのだった。光秀の裏切りと、何もしない頼芸の態度に、怒りを隠せない高政。

母・深芳野(南果歩)にその怒りをぶつけ、本当の父は頼芸ではないのかと迫るが、「いずれ家督は高政のもの、今は我慢の時」と深芳野は慰める。

京へ戻ることになった駒を途中まで見送る光秀。

そこで(門脇麦)は、本当は帰蝶を遠くへ行かせたくなかったのではないかと、光秀にたずねる。

「そうやも知れぬ。。」

光秀を慕っていた駒は、その答えに涙を浮かべながら、光秀に別れを告げた。

その頃、竹千代の父・三河の岡崎城城主・松平広忠(浅利陽介)は、今川義元の傘下に入り、織田家を今にも攻めようとしていた。

信秀が和睦を申し出てから2ヶ月後、帰蝶は織田家へ嫁いでいった。しかし織田家には、信長の姿は無い。

城中を血眼になって探す家臣たちに、帰蝶はニヤりとした。

『麒麟がくる』第8回 | 視聴者の反応と感想

帰蝶の気持ちを知りながら、あえて光秀に気持ちを聞く駒。

視聴者はその切ない姿に、駒の気づいてーと思った人が多かったようです。


そして次週の予告編で、菊丸の正体が判明するとわかり、期待する人が多いようですね。

皆さん、毎回つぶやいていますが、本当に1話があっと言う間で、次週が待ちきれません。

信長と帰蝶が、今後どのように展開していくのかも、楽しみですね。