ドラマ

『麒麟がくる』第9回あらすじネタバレと感想|笑顔の裏で見せたサイコパスな信長

第9回『麒麟がくる』(2020年3月15日放送)

尾張との和議の証として、帰蝶は信長の元へ嫁いだ。

孤独な姿に自分を重ね合わせ、次第に寄り添っていく。

一方、光秀も後の正妻となる熙子と再会。

そんな中で、三河の国を巡って攻防戦が繰り広げられていた。

第9回のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第9回 | おもな登場人物




浅利陽介

『麒麟がくる』第9回|あらすじ

織田信秀との戦を計画する今川義元

尾張と美濃の同盟は、三河を巻き込み、駿河の今川義元(片岡愛之助)を刺激した。

織田信秀(高橋克典)の動きには、焦りがあると見てとれます。もはや、我らと戦う余力はないのではないか…攻め時は今かと。」軍司・大原雪斎(伊吹五郎)は、義元に助言。

「広忠、そなたの三河は長年、織田の卑劣な切り崩しに合い、嫡子の竹千代(岩田琉聖)まで、人質として尾張に留め置かれ、口惜しきことこの上もあるまい。」「わしが手を貸す!松平家の汚辱を晴らすのは今ぞ!」

竹千代の父・松平広忠(浅利陽介)は、義元の一声で、戦の準備のため、急いで城へ戻った。

松平広忠の暗殺

城へ戻るため、峠を越えようとしていた広忠。しかしその行く手を、何者かが襲撃。

次々に放たれる矢に狙われる広忠一行。

逃げる広忠だったが、その矢は広忠に命中。ついに刺客によって、広忠の命が奪われてしまう。

広忠一行が襲撃された場所に現れた菊丸(岡村隆史)。広忠の姿を見つけると駆け寄った。

「広忠様…」

菊丸は広忠の腰にあった刀を抜いて、急いでその場を後にした。

菊丸の正体

「広忠殿を殺めたのは何者じゃ!?」

広忠暗殺を知らせた菊丸に、広忠の兄・水野信本(横田栄司)がたずねる。

「恐れながら、織田の手の者ではないかと存じ上げます。」

菊丸は、信本と竹千代の母・於大の方(松本若菜)に使える、忍びだった。

織田によって広忠が暗殺されたとなると、今川が黙っておらず戦は避けられない。

「今戦って勝ち目はあるのか」とたずねられた菊丸。

広忠様が亡き後、三河の国の城主となる、竹千代を織田家が抑えたことになり、その命が危うくなる。

「我らは竹千代様の影となり、命に代えてでも御守りします。」と菊丸は告げると、その場を後にした。 

信長と帰蝶の出会い

輿入れしたものの、祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と、ようやく顔を合わせる。

奇妙な出で立ちでやってきた信長。城下の領民たちが、池に大きな化け物が現われると騒ぎたてていたので、探しに行ったという。

信長は、化け物の存在を信じていたわけではないが、心の底から怯え、怖くて外へ出れずにいるという領民を、放っておくわけにはいかないと、自ら池に入り、化け物がいないことを見せ、村人を安心させていた。しかし、帰蝶を待たせてしまったことは、素直にわびる信長。

領民のことを思いやる姿、そして素直に、前日の不在をわびる信長に興味をもつ帰蝶。

お腹が空いたという帰蝶に、干しタコを渡す信長。

硬くて塩辛い味だという帰蝶に、「それが海の味じゃ」と自慢げに語った。

信長の計画

婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)に、信長は祝いの品を渡した。

「尾張の繁栄に欠かせない物でございます。」

信長からの贈り物が入った箱の蓋を、機嫌よく開けた信秀だったが、中を見た瞬間、その表情が一変した。

「そなたらには、座を外してもらいたい。」土田御前と帰蝶を部屋から出て行かせる信秀。

「なんのつもりじゃ…これを見せれば、わしが喜ぶとでも思ったか。。。松平広忠の首など!!このうつけがっ!!」

それは、松平広忠の首。暗殺を命令したのは、信長だった。

今川との戦は避けられなくなったことに、激しく叱責する信秀。

父に褒めてもらえると思っていた信長は、なぜ起こるのか理解できない様子。「物事には順序というものがある。美濃の斎藤道三とは手を結んだばかり。弱みを見せればキバを向いてくる男。戦になったとしても、手を貸すかどうかまだ分からん。いま戦っても我らは勝てぬ。」

父に褒めてもらえなかった信長は、泣く泣く首桶を持ち帰った。

孤独な竹千代

土田御前に「帰蝶殿はあの箱の中身をご覧になられたか?」と聞かれた帰蝶。

「いいえ」と答えると、土田御前は「この世には、見てはならぬものがあるのです。開けてはならぬ箱があるのです。」と優しく諭した。

2人は土田御前の長男・織田信勝(木村了)と竹千代が、将棋をさしているところに出くわす。

「参りました。もう手がござりませぬ。」と竹千代。

土田御前が次からは駒を落として差し上げよと信勝に言うと、「手加減は無用でございます」と竹千代はいい、部屋から出て行ってしまう。帰蝶は寂しそうに金魚を眺める竹千代に声を掛けた。

「国から遠く離れ、狭いところに閉じ込められ、わしと同じじゃのう」

金魚と自分が同じだと語る竹千代。

「母にも会えず、つまらぬ将棋に付き合わされ。。。」

竹千代は信勝との将棋では、わざと負けているという。

「せめて信長様がいれば」

竹千代は、信長は将棋が強く面白いと語った。

信秀との件で、憂さ晴らしに鉄砲を撃つ信長。

父にも母にも愛されない、孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら、自分も父が、ときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添った。

光秀の幸せを願う光安

一方、美濃の光秀(長谷川博己)は、叔父・光安(西村まさ彦)の命令で、妻木まで米俵を運んでいた。

家臣の藤田伝吾(徳重聡)は、妻木ほどの城が、蔵の米を食べつくしてしまったとは、妙な話だと言うが、命令なので仕方ないと光秀。

幼い頃訪れたきり、久ぶりに訪れた屋敷に懐かしむ光秀。すると見覚えのある花が落ちていることに気づく。

花が落ちている場所へ行くと、そこにはのちの正妻となる熙子(木村文乃)がいた。子供たちと、かくれんぼをしていたようだ。

熙子とは子供のころ以来の、懐かしい再会だった。

「大きくなったら、十兵衛のお嫁におなり」と言われたことを懐かしそうに話す熙子に、とまどう光秀。「ずいぶんと遅うございますね。妻木殿には、諸々伝えてあるのでございますね?」

光秀の母・牧(石川さゆり)は、光安に確認する。

光秀を妻木へ向かわせたのは、熙子と出会わせるためだった。

立派な城主にさせるため、年頃の光秀に、早く妻を迎えて欲しかった光安だが、帰ってきた光秀の様子に、特に変わりがないことに少々不満げだった。

『麒麟がくる』第9回 | 視聴者の反応と感想

帰蝶に見せた、領民に寄り添う頼もしい姿とは一転、その裏では松平広忠の首を持ち帰っていたという、猟奇的な面を見せた信長。

日本の歴史で、サイコパス代表ともいわれる信長の姿を、早くも見せつけてくれましたね。

戦国時代、敵の首を狙うのはあたりまえの世の中だったので、サイコパスと決めつけるのはどうかとう意見もあります。

信長にとっては、狙った獲物を見せて褒めてもらいたい猫と同じ行動のような気もします。ある意味、野性的で本能的ということでしょうか。

一方、幼いながらも、忖度しまくりの竹千代。将棋にわざと負けることで、自分の立ち位置しっかり見極めているところ、後の家康の片鱗がすでに見えていました。