ドラマ

『麒麟がくる』第10回あらすじとネタバレ|孤立する竹千代と光秀・信長の出会い

第10回『麒麟がくる』(2020年3月22日放送)のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第10回 | おもな登場人物



『麒麟がくる』第10回|あらすじ「ひとりぼっちの若君」

(門脇 麦)がいる京に、5年ぶりに旅芸人の一座が訪れた。

その一座には、戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)がおり、2人は久しぶりの再会をする。

旅芸人でありながら、数々の武将とも繋がりがあり、顔が広い太夫。

尾張で織田信秀(高橋克典)に会い、望月東庵(堺正章)から、すごろくの勝負で、10貫巻き上げたと自慢していたことを、東庵に話した。

駒は半年以上も、美濃にいたことを太夫に話すと、太夫は美濃と聞いて、松永久秀(吉田鋼太郎)から、明智光秀(長谷川博己)の話を聞いことを思い出す。

光秀の名前を聞き、動揺した表情を見せる駒。

その様子を見た東庵は、美濃から帰ってから、ずっとふさぎ込んでいることを、太夫に相談する。

太夫は駒を連れ出し、幼い駒が一座へやってきた頃のことを話した。芸を仕込まれ、何度失敗しても、涙を流さず我慢強い子供だった駒。

東庵が心配しているようだと告げると、駒は好きな人が遠くへ行ってしまったと話した。

「こういう時、どうすれば良いのか分からなくて。」

辛い気持ちを告白した駒に、太夫は辛い事があれば、良いこともあると励ますと、駒は幼い頃に、助けてくれた美濃の侍の話をする。

その話を聞いた太夫は、かつて母から、駒を助けた侍の話を聞いたことを思い出す。その侍は着物に、桔梗の門があった。

桔梗の門と聞いた駒は、慌てて家へ戻り、光秀からもらった扇子を広げる。

そこには明智家の門である、桔梗が描いてあった。

「私の命の恩人は…明智家の。。。」

幼い駒を助けたのが、明智家の人物であったことを知り、涙を流す駒だった。

その年の末、今川義元(片岡愛之助)が、尾張の国境に侵攻。織田信長(染谷将太)の異母兄・信広が守る安城城が打ち落とされた。

織田信秀(高橋克典)は、今川から人質として置かれていた、三河松平家の嫡男・竹千代(岩田琉聖)の引き渡しを要求されるが、猛反対する信長。

そして斎藤道三(本木雅弘)も、広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚え、動向を探るべく、明智光秀(長谷川博己)に帰蝶(川口春奈)と会う口実で、那古野城へ行くよう命じた。

光秀は道中で、熱田にいる菊丸(岡村隆史)から味噌を購入し、菊丸と一緒に那古野城へ向かった。

道すがら光秀は菊丸に、竹千代は今川にいるのと、織田にいるのと、どちらが良いのか尋ねると、菊丸は今は我慢の時。竹千代さえ無事でいれば、今は織田にいても今川にいても、どちらでも良いと語った。

菊丸と共に味噌を届ける口実で、帰蝶を訪ねた光秀。しかし帰蝶は、道三の命令で光秀がやってきたことを見抜いていた。

するとそこに、狩猟から信長が帰ってきた。帰蝶から、光秀が鉄砲に詳しいことを聞いていた信長は、光秀に鉄砲を渡すと、どこで造られた物か当ててみろと言う。

しばらく鉄砲調べる光秀は、その造り手について答えると、信長は確かな知識を持っている光秀を気に入り、「茶でもどうだ」と招き入れた。

信長は光秀と熱田の海で一度会っていたことを思い出す。

「あそこで何をしておったのじゃ?」

帰蝶に命じられ、信長の様子を見てくるよう頼まれていたことを話した光秀。そして信長について、「良く分からぬお方だ」と帰蝶に告げたことを知り、「わしも己がいかなる者か、ようわからぬ。難儀なことだ。」と、信長は豪快に笑った。

「信長様は、釣りがお好きなのですか?」光秀が信長に尋ねると、信長は「さほどに好きではない」と少し表情を曇らせた。

信長の母・土田御前(檀れい)は、信長が幼い頃から、母似の色白の美男子である、弟の信勝(木村了)の方を、目に掛けていたが、それが悔しかった信長。

ある日釣りへ行き、釣り上げた、大きな魚を母へ差し上げたところ、初めて褒められ、嬉しかった信長は、それから大きな魚を釣るため、沖へ出るようになった。

しかし母が喜んだのはその時だけ。いくら大きな魚を釣っても、良い顔せず、むしろ遠ざけられた。

「母上は、信勝に家を継がせたかったのじゃ」

それでも釣りを続けたのは、大きな魚を釣ると漁師たちが褒めてくれ、それを皆へ分けると、喜んで市場へ売りに行く。

「皆が喜ぶのは楽しい。それだけだ。」信長は笑顔で語った。

そこへ、信長と約束していた、将棋のお手合わせを願いたいと、将棋盤を持った竹千代がやってきた。

「今は無理と仰せなら、またあとで参ります。」

信長は竹千代とは目を合わせず、置かれた将棋盤を見つめたまま「童とは将棋はしないことにした」と告げる。

「このところ、前のように遊んでいただけません。何故ですか?」

「近習の者が申しておりました。信長様が、私の父・松平広忠を討ち果たしたと。その事で、私にお気遣いしておられるのですか?もうしそうなら、それは無用なことでございます。父上は、母上と離縁し、岡崎から追い払い、今川義元についたのです。私は大嫌いでした。それゆえ、討ち果たされたのは、致し方ないことと思うています。」

竹千代は信長をまっすぐに見つめ、自分の思いをぶつけた。

竹千代の言葉を聞き、嬉しそうな顔をする信長。

「分かった。駒を並べよ。すまぬが座を外してくれ。」

信長は、光秀と帰蝶に座を外すよう告げる。

しかし、座を外した光秀を追ってきた信長。光秀とは鉄砲の話をしたいので、明日また来るようにと、帰蝶に宿代を渡すよう伝えた。

竹千代と将棋をさす信長は、兄・信広と竹千代を取引する話が持ち上がっていることを、竹千代に話した。

「そなたを今川へ行かせたくない。しかし迷いはある。この話をつぶせば、兄上は斬られる。迷いはある…。」

竹千代の様子を探る信長。

「今川は敵です。いずれ撃つべきと思うております。しかし、その敵の顔を見たことがありません。懐に入り、見てみたいと思います。敵を撃つには、敵を知れと申します。信長様がお迷いなら、私はどちらでも構いません。」

自身の立場を理解している竹千代は、冷静に答える。

光秀を待たずに帰ってしまったという菊丸だったが、信長と竹千代の様子を、天井裏から監視していた。