ドラマ

『麒麟がくる』第11回あらすじとネタバレ|今川と織田の和議を取りなす義輝の涙

第11回『麒麟がくる』(2020年3月29日放送)のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第11回 | おもな登場人物





『麒麟がくる』第11回|あらすじ「将軍の涙」

尾張の織田信秀(高橋克典)に、人質として置かれていた、三河の松平竹千代(岩田琉聖)は、今川方に捕らえられていた、信秀の息子・信広との人質交換のため、今川義元(片岡愛之助)の元へ、送られることになった。

この人質交換は、一進一退を続けていた、東海の派遣争いに、大きく影響することになる。

城を奪われ人質になっていたものの、無傷で帰ってきた信広。

「我が子と思って助けはしたが、城を奪われた主としては、せめて満身創痍で帰ってくるべきものを、、不甲斐ない!」

父の信秀自身、戦の傷が悪化し、弓を引けない状態になっていた。

「信広があのざまで、信長は何を考えているのかさっぱり分からぬ。信勝はまだ若い。子たちが頼りにならず、わしがこのような有様では、今川にいま、戦を仕掛けられては勝つ手が無い。。」

信秀は窮地に追い込まれていた。

一方、竹千代を取り戻した今川義元は、再び三河を救うためと、年明けには次々と、織田方の南部の領地を制圧していった。

ついに非力ぶりを露呈した信秀は、ついに斎藤道三(本木雅弘)に援軍を頼むことにした。

しかし道三は、嫡男の高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らに、尾張との和議を独断で決めたことを糾弾されていた。

「皆に聞きたい。各々方は、今川と戦う覚悟があるのか?」と伺う道三。

今は稲刈り時のため、兵が集まらないと、織田信秀に力を貸す気がない家臣たち。美濃は一枚岩ではなくなっていた。

「美濃の為には戦うが、織田の為には戦わない」という家臣たち。

道三は、兵が出せない事情を尾張に伝えるため、明智光秀(長谷川博己)を使いに出した。

このままでは、人質同然の帰蝶(川口春奈)が、犠牲になってしまうことを恐れていた光秀。

美濃の援軍がないこと聞いた織田信長(染谷将太)は、ふとかつて京の将軍家の取りなしで、美濃の内紛が収まった話を思い出す。

早速、美濃に戻った光秀は、道三に将軍家への取りなしを依頼しに戻るが、「金は一文たりともださぬ。やりたければ、勝手にやれ!」と難色を示す道三は、光秀の申し出を却下した。

そこで光秀は、守護の土岐頼芸(尾美としのり)に、将軍への取りなしを依頼するため、高政に頼芸に合わせて欲しいと頼む。

一度は断る高政だったが、「頼みを聞いてくれたら言う事を何でも聞く」と言う光秀の言葉を受け入れ、光秀を頼芸の元へ連れて行くことに。

「道三の撒いた種。なぜこちらが金を出さねばならないのか。稲葉から、道三は守護の座を狙っていると聞いておる。」

高政と光秀の申し出に難色を示す頼芸だったが、「父が守護の座を狙っていることが本当であれば、この手で父を討つ」と言った高政の言葉を受け入れ、将軍家へ手紙を書くことを承知した。

頼芸の手紙を持って、京へ向かった光秀。

しかしその頃、京では細川春元と、三好長慶の内紛が勃発。足利義輝(向井理)は、その内紛に巻き込まれ、近江へ逃れていた。

何とか義輝の元へ向かおうとする光秀は、途中立ち寄った宿で、義輝を守っている、細川藤孝(眞島秀和)と再会。

藤孝は光秀の要件を聞きくと、義輝の元へ連れて行った。

「そなたの申す通りじゃ。未だに世は、平らかにならぬ。わしの力が足りぬゆえ、このわしもこの有様じゃ。」

義輝は幼い頃に、父の義晴から聞いた麒麟の話をした。

「穏やかな世を作る者だけが連れてこられる、麒麟がいる。わしはまだ、その麒麟を連れてくることができぬ。無念じゃ。」

涙を流す義輝。光秀からの手紙を読み、今川と織田に和議を命じることを約束した。

「十兵衛、麒麟がくる道は遠いのう」

義輝の言葉に、涙を流す光秀だった。