ドラマ

『麒麟がくる』第12回あらすじとネタバレ|光秀の結婚と信秀の決断の真意とは

第12回『麒麟がくる』(2020年4月5日放送)のあらすじとネタバレです。

『麒麟がくる』第12回 | おもな登場人物



『麒麟がくる』第12回|あらすじ「十兵衛の嫁」

京から帰った明智光秀(長谷川博己)は、将軍・足利義輝(向井理)の言葉が頭から離れず、ずっと考えこんでいた。

そんな様子を心配した叔父・明智光安(西村まさ彦)は、嫡男の左馬助(間宮祥太朗)に、鷹狩りをしに妻木へ誘うよう伝えた。

妻木へ向かった光秀は、途中で左馬助とはぐれ、妻木へようやく到着。そこで待っていたのは、熙子(木村文乃)だった。

光秀は熙子に、幼い頃約束した言葉を思い出し、自分の嫁になって欲しいと伝える。

和議を結んだ織田と今川だが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は、尾張の目前まで迫っていた。

自分の命がもう短いことを悟った織田信秀(高橋克典)は、信長(染谷将太)らを集め、織田家のこれからを話し合う会議を開く。

そして重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村 了)に委ねると決断する。

全ては母・土田御前(檀れい)の策略だと、失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。

双六がやりたいからと、東庵(堺正章)を呼ぶよう命じた信秀。そして、力のない声で信秀は「信長を頼むぞ」と帰蝶に伝えた。

帰蝶は信長の元へ戻ると、信秀からの言葉として、「尾張を任せる」という言葉を伝えた。帰蝶からの伝言を聞き、笑顔になった信長。

帰蝶は急いで信秀の希望通り、東庵を呼び寄せるよう家臣に伝えた。

帰蝶からの伝言を受け取った東庵は、(門脇麦)を連れて、尾張へ向かうことにした。

一方、美濃の斎藤道三(本木雅弘)の元へ、土岐頼芸(尾見としのり)が育てた鷹が送られた。

立派な鷹を見て、喜ぶ道三。すると急に鷹が、道三目掛けて飛んできた。瞬時に払いのけた道三だったが、その鋭い爪は家臣を引っ掻いた。

すると、急に苦しみだした家臣。鷹の爪に毒が塗られていたのだ。

怒り狂った道三は狼煙を挙げた。明智光秀は、熙子を妻に迎え、祝福ムードに包まれていたが、狼煙が上ったことを知り、道三の元へ駆けつける。

「土岐頼芸は、ただの鷹好きのたわけじゃ!」

道三は土岐頼芸と一戦交えることを宣言。しかし嫡男の高政(伊藤英明)は、稲葉良道(村田雄浩)らと共に頼芸を守るべく、父に対抗すると光秀に耳打ちしていた。

信秀に呼ばれ、尾張に到着した東庵と駒。

双六盤を目の前に、東庵の到着を待っていた信秀だったが、東庵が到着した頃には、すでに息を引き取っていた。