ドラマ

『麒麟がくる』(動画あり)今からでも楽しめる!全話あらすじとまとめ

2020年1月19日から放送がスタートした『麒麟がくる』

放送前から出演者が降板し、予定されていた放送開始日を遅らせてのスタートに、不安視する声も多かった本作。

しかし出演者が演じる際立ったキャラクターと、時代劇の枠を超えた秀逸な脚本で、視聴率も好調。

第1回から見逃したという方でも、今から楽しめるよう、放送された内容のあらすじをまとめました。

詳細なあらすじを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

『麒麟がくる』登場人物(出演者)一覧









(引用元:麒麟がくる公式サイト) ※画像クリックで公式サイトへリンクします

『麒麟がくる』第1回「光秀、西へ」


領地を荒らす、野党の頭領が持つ鉄砲に興味を持った明智光秀。

主君である、美濃の守護代・斎藤道三に、道三の妻・小見の方の病を治す医者を連れてくる約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出ることに。

堺に訪れた光秀は、ひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀に気に入られ、鉄砲を入手することに成功。

次に向かった京では、名医と名高い望月東庵と助手の駒に出会うが、大名同士の抗争が始まり、町は大火事に。

光秀は勇敢に火事の中から、1人の少女を救いだす。

その姿を見た駒は、かつて自分を火事から救ってくれた侍が言った”麒麟”の話を思い出していた。

『麒麟がくる』第2回「道三の罠」


光秀に心を開いた、望月東庵と駒は、ともに美濃に向かうことに。

しかしその行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀の大軍が迫っていた。

多勢に無勢の中、籠城を決め込む斎藤道三。

光秀と道三の嫡男・高政は反対するが、それは戦う気が無いと芝居をし、敵を欺く道三の作戦だったのだ。

まんまと道三の作戦に引っかかり、ふいをつかれて攻撃された織田軍は敗北。

信秀に戦をけしかけたのが、娘・帰蝶の夫である足利頼純だと知った道三は、頼純の茶に毒を入れ、毒殺してしまう。

『麒麟がくる』第3回「美濃の国」


夫を亡くした帰蝶は明智荘を訪ね、光秀や駒と、気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻していた。

一方、より操りやすい頼純の叔父・土岐頼芸を、美濃の新しい守護として擁立しようとする道三。

しかし道三を嫌う頼芸は、嫡男の高政に、自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

その頃三河では、尾張から侵攻してきた織田氏と、三河側の今川氏・松平氏連合の間で、小豆坂での戦いが始まっていた。

『麒麟がくる』第4回「尾張潜入指令」


今川との戦いで、瀕死の重傷を負った織田信秀。

その知らせを受けた斎藤道三は、妻の治療を終え、今度は尾張へ向かうという東庵が、信秀と懇意の中だと知り、信秀の容態を秘密裏に探るように命じた。

東庵の目付け役として任命された、光秀と菊丸。

2人は薬草売りの兄弟に扮し、尾張・古渡城へ潜入することに。

信秀の情報を、東庵からうまく聞き出すことに成功した光秀たちだったが、2人を怪しんだ信秀。

2人を捕えようと追ってが迫るが、何者かによって窮地を救われた光秀は、無事に菊丸と美濃へ戻り、道三に信秀が重傷を負っていることを伝えた。

 

『麒麟がくる』第5回「伊平次を探せ」


将軍家が本能寺を通じて、鉄砲を大量に作らせているという噂を聞いた、斎藤道三。

鉄砲について詳しく調べるよう、命じられた光秀は、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しを兼ねて京へ向かう。

すると本能寺には、足利義輝の姿。

噂を確信した光秀は、かつて堺で出会った、三淵藤英と再会。

将軍家も伊平次を探しているが、忽然と姿を消したという話を聞く。

三淵に連れられ、鉄砲を譲ってくれた松永の元へ向かった光秀は、松永から鉄砲の真の力とは、お互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

光秀が伊平次を探していると知った松永は、伊平次の居場所を知っていると、光秀を連れて伊平次の元へ連れて行く。

伊平次の顔を見た光秀は、かつて井戸に落ちた若者が、伊平次であったことを思いだし、2人は再会を喜んだ。

『麒麟がくる』第6回「三好長慶襲撃計画」


将軍・足利義輝も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元による、松永久秀と三好長慶の暗殺計画があることを知った光秀。

京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵藤英と細川藤孝らと協力し、松永らを救うことに。

そこで傷を負った光秀は、東庵の診療所へ運び込まれ、駒と久しぶりの再会を果たす。

『麒麟がくる』第7回「帰蝶の願い」


駿河の今川義元の動きに、脅かされた織田信秀。斎藤道三と和議を結ぶことを決め、道三の娘・帰蝶を、信秀の嫡男・信長の妻に迎え入れたいと申し出る。

旅から明智荘に帰った明智光秀を、帰蝶が待ち構えていた。

幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めてほしいと頼む。一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を、説得するように命じられる光秀。

帰蝶から、うつけと呼ばれる織田信長が、どういう人物であるのかを、光秀の目で見て来てほしいと頼まれた光秀は、信長がやってくる熱田へ向かった。

『麒麟がくる』第8回「同盟のゆくへ」


尾張の海辺で、漁師たちから慕われている、奇妙な出で立ちの織田信長を目の当たりにした光秀。

この男に、帰蝶を嫁がせていいものかと、葛藤する光秀だが、母・牧は、美濃国の行く末のことを、一番に考えることが大事だと告げられ、帰蝶に尾張へ行くべきだと、背中を押す。

一方、今川義元は、斎藤道三と和睦した織田信秀を、今にも攻めようと画策していた。

『麒麟がくる』第9回「信長の失敗」


尾張と美濃の同盟を知った今川家は、織田家の焦りだと感じ、今が攻め時だと判断。

松平広忠に戦の準備を始める様伝えるが、広忠は城へ戻る途中、織田によって暗殺されてしまう。

婚儀にて、父・信秀のためにと、信長が渡した贈り物は、なんと広忠の首っだった。

今川家と戦っても、織田家は勝てないという信秀。信長の行動を叱責する。

一方、美濃の光秀は、のちの正妻となる熙子と、懐かしい再会を果たしていた。

『麒麟がくる』第10回「ひとりぼっちの若君」


京を訪れていた、旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する。

その年の末、今川義元(片岡愛之助)が、尾張の国境に侵攻。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた、三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は、広い三河を、今川に押さえられることに危機感を覚える。

光秀(長谷川博己)は帰蝶(川口春奈)を通して、動向を探るべく、那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会うのだった。

『麒麟がくる』第11回「将軍の涙」

尾張の織田信秀に人質として置かれていた、三河の松平竹千代は、今川方に捕らえられていた、信秀の息子・信広との人質交換のため、今川義元の元へ、送られることになった。

このままでは、今川に攻め込まれれば、確実に負ける。

戦の傷が悪化し、窮地に追い込まれていた信秀は、、ついに斎藤道三に援軍を頼むが、道三はそれを拒否。

このままでは、帰蝶の身が危なくなると考えた光秀は、守護の土岐頼芸に頼み込み、将軍・足利義輝に、織田と今川の取り成しを頼むことに成功する。

『麒麟がくる』第12回「十兵衛の嫁」


和議を結んだ織田と今川だが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。

自分の命がもう短いことを悟った織田信秀は、信長らを集め、織田家のこれからを話し合う会議を開く。

そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝に委ねるという言葉だった。

失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。

一方、美濃では、明智光秀が、熙子を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

『麒麟がくる』第13回「帰蝶のはかりごと」

暗殺を企てた土岐頼芸を攻めると息巻く斎藤道三。

道三の嫡男・高政は、戦になったときには、実の父と慕う頼芸側につくと明言し、明智光秀にも決断を迫る。

道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。

すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。

その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく、鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

『麒麟がくる』第14回「聖徳寺の会見」


斎藤道三との会見の場に、おびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる織田信長。

正直者で先見の明があり、自分の若き日に似ている信長を道三は大いに気に入る。その姿に安堵する明智光秀。

そんな折、太原雪斎に率いられた今川軍が、再び尾張に攻め入ってくる。援軍を申し出てきた信長に道三は即座に応えるが、高政は、相談もなしに、美濃を危険な立場にさらすこの大事な判断を下した道三に憤りを隠せない。

『麒麟がくる』第15回「 道三、わが父に非(あら)ず」


斎藤道三は仏門に入り、ついに嫡男・高政が家督を継ぎ、美濃の守護代の座を得た。

そんなある日、帰蝶の命を受け、光秀を訪ねてきた道三の正妻の子・孫四郎は、高政はいずれ、織田信長と敵対し、国を間違った方向に進める危うさがあるため、どうにか高政に退いてもらう道を探るため、明智家にその先陣に立ってもらえないかと、光秀に懇願しにきたのだ。

さらに、高政に孫四郎との妙なやりとりを、帰蝶に止めるよう伝えてくれと言われた光秀は、信長を敵視する高政に不安を感じるが的中。高政は、孫四郎とその息子を殺してしまう。

大事な息子と孫を殺された道三は、高政に恨みを募らせるのだった。

『麒麟がくる』第16回「大きな国」


次男の孫四郎を高政に殺害された、斎藤道三は高政を討つべく出陣した。国を二分する戦に、明智家はどちらにつくべきか光安は思い悩む。

一方、光秀は戦を回避すべく、尾張の織田信長と帰蝶の元へ向かった。

道三に肩入れして戦に手出しをしないこと、その代わりに織田との同盟を破棄せんとする高政を、一命をかけて押しとどめると訴える光秀。

しかし弟・孫四郎に手を貸さず、死に追いやったとして光秀に対する不信感が拭えない帰蝶は、光秀を厳しく突き放す。

『麒麟がくる』第17回「長良川の対決」


尾張では、斎藤道三が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶が憤っていた。

道三が劣勢であることを聞いた織田信長は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。

明智光秀は、明智荘を守るべく、叔父の光安と共に道三に味方することを決める。

ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

『麒麟がくる』第18回「越前へ

高政軍の追手から、命からがら美濃を脱出する明智光秀たち。

帰蝶の取り計らいで現れた、伊呂波太夫に導かれ、隣国・越前の地へたどりつく。

領主・朝倉義景に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する太夫に、義景は値踏みをするように光秀を見つめ、渋々ながら了承する。

『麒麟がくる』第19回「信長を暗殺せよ」

斎藤道三の死から二年。越前でつつましい生活を送っていた明智光秀は、朝倉義景に呼び出され、将軍・足利義輝が戻った京の様子を、探りに行くように命じられる。

京では、尾張を手中に収めようとする、斎藤義龍の一派が、これから上洛してくる、信長の命を狙っているという、不穏なうわさを耳にする。

松永久秀の力を借りて、それを未然に阻止する光秀。

再会を果たしたかつての友に、義龍は再び自分と手を組み、美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛けるが、光秀は断るのであった。

『麒麟がくる』第20回「家康への文」


駿河の今川義元が、再び尾張への侵攻を開始した。かつての人質で、成人した松平元康が、その先鋒を任されることになる。

そのことに目を付けた明智光秀は、この戦を回避させるべく、帰蝶と織田信長に、元康の母・於大と伯父・水野信元と接触をするように仕向ける。

於大と水野信元は、元康に今川義元の元から、撤退するよう呼びかける文を書き、信長は今川に勝利した後も、三河の国には侵略しないことを、約束するのだった。

『麒麟がくる』第21回「決戦!桶狭間」

※ダイジェスト動画がアップされたら更新します

今川義元から、松平元康を離反させる工作は失敗に終わった。

織田信長は、父・信秀の教えを思い出し、今川が本当に、噂通り2万もの大軍であるのを疑問にもち、前線へ出陣する。

局地戦を展開して、今川自ら率いる本隊から、徐々に兵を引き離す作戦を決行する。

一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に、次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否。

そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲いかかる。