ドラマ

『知らなくていいコト』第1話あらすじネタバレと感想 | ケイトの父は殺人犯!

2020年1月8日放送の第1話『知らなくていいコト』

第1話のネタバレと、放送後の視聴者の感想をまとめました。

初回の視聴率は9.4%。まずまずではないでしょうか。

衝撃の展開から始まる第1話。

主人公・ケイトは、母が亡くなったことをきっかけに、衝撃の真実を知ることから、物語は始まります。

知らなくていいコト | おもな出演者一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

 

第1話ゲスト |  賠償美津子

多賀笑子賠償美津子
茶道教室の先生。SNSで知り合った、アメリカ人医師を名乗る、振り込め詐欺に引っかかってしまう。

知らなくていいコト | 第1話ネタバレ「ケイトの父の正体は殺人犯?」

主人公・真壁ケイトは、一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く記者。

有名な映画翻訳家である、母・真壁杏南に、女手ひとつで育てられ、充実した日々を過ごしていた。

ある日、母・杏南は、テレビの生放送直後に、くも膜下出血で倒れてしまう。

救急搬送された病院へ、かけつけたケイトに母は、

「言っておきたいことがある。ケイトのお父さんはキアヌ・リーヴス」

そう言って、亡くなってしまった。

豪華な葬儀を終え、帰宅したケイトは、恋人の野中春樹に、母が言い遺した言葉について相談するが、冗談だろうと、あしらわれてしまう。

その夜、遺品を整理していたケイトは、母とキアヌ・リーヴスの2ショート写真を発見。
吉高由里子@知らなくていいコト「第1話」
写真と一緒に保管されていたのは、キアヌ・リーヴスからの手紙。

まさかと思うケイトだったが、自分の父親が気になり始める。

忌引き休暇明け、ケイトは新たな記事ネタを入手した。

70歳女性が、SNSで知り合ったアメリカ人医師・チャールズに、2500万貢いでいるというのだ。

明らかに、振り込め詐欺だが、息子の意見に聞く耳を持たないという。

さっそくケイトは、被害者女性である、茶道家の多賀笑子の元へ、事実関係を確認するための”あて取材“へ行くことに。茶道教室の授業中、笑子は席を外したまま、なかなか戻って来ない。

ケイトは笑子を探しにオフィスをのぞくと、笑子はまさに、アメリカ人医師に治療費として頼まれた、100万円を振り込もうとしていた。

しかし、パソコンがフリーズして動かない。

笑子はケイトに助けを求めるが、ケイトが振り込め詐欺であることを告げ、止めようとする。

しかし笑子ケイトの言葉には耳を貸さない。

しまいに「破門です!」と言って、ケイトを追い返してしまった。

帰宅後、ケイトは引き続き、母の遺品を整理していた。

すると、小説家スタインベックの代表作「エデンの東」を課題にした、大学時代の卒業論文が出てきた。

論文のページをめくっていくと、ケイトの名前が。

そこで初めて、自分の名前が「エデンの東」の登場人物から名付けられたことを、ケイトは知る。
さらに、卒業論文をめくっていくと、バインダーのリングにはさんである、指輪が出てきた。

取り出してみると、指輪の裏には「T to A 1985」の文字が。

「Aは母のイニシャルであると予想できるが、Tは誰だろう。」

ケイトは翌日、指輪の販売店に問い合わせることに。

すると34年前に「ノトアトオル」という人物が、指輪を注文していたことがわかった。

ケイトは、どこかで聞き覚えのある名前だったが、すぐに思い出せなかった。

スマホを取り出し、ネットで検索すると、そこには衝撃の文字が。

「犯人は乃十阿徹」

「スタインベックの研究の第一人者」

母の遺品から見つかった言葉と全てが一致した。

「私の父親は殺人犯?」

ショックを受けながらも、ケイトは恋人の春樹に相談。

すると春樹は唐突に「誰の子でも愛してる。結婚しよう」とプロポーズ。

優しい春樹の言葉に、ケイトは幸せをかみしめた。

翌日、ケイトは茶道家の笑子を再度たずねた。

「愛してる、と言われたときの先生の気持ちが分かりました。先生と恋の話がしたいです。」

笑子はケイトを受け入れた。

先生はI LOVE YOUをお金で買ったんですね。」

たとえウソだと分かっていても、「愛してる」と言われたときの感情を取り戻したことで、笑子は生きがいを感じていたのだ。

ケイトは笑子から、記事を書く許可を得ることができ、最高の記事を書き上げることができた。

ひと仕事終えたケイトは、元カレの尾高由一郎を呼び出した。

尾高は、週刊イーストにいた頃、乃十阿徹の写真を撮影していたからだ。

「あの時なぜ、乃十阿徹の写真を撮ったの?」

ケイトの問いに、尾高は「過ぎた仕事は忘れることにしている」とはぐらかしてしまう。
ケイトが帰宅すると、恋人の野中が話があると、深刻な顔で訪ねてきた。

「結婚の話は無かったことにしてください」

ケイトの事は愛しているが、将来、子供ができたときのことを考えると、その遺伝子をどうするんだと考えてしまう、と。

「聞いた話は誰にも言いません。秘密は守ります。ごめんなさい」

そう頭を下げ謝罪し、部屋の鍵を置いて帰ってしまう。(次回へ続く)

知らなくていいコト 第一話| 視聴者の反応!重岡大毅の行動に賛否?

第1話から衝撃の展開を見せた「知らなくていいコト」

ケイトにとって、父については、知らなくていいコトだったのか。

今回のストーリーについて、SNSでは恋人・春樹役の重岡大毅のイケメンぶりに、ファンは心を奪われてしまったようですね。

春樹がプロポーズするシーンをみて、憧れた女性も多いのではないでしょうか。

ケイトの幸せそうな笑顔に、誰もが2人を応援したくなりました。

しかし一転!ラストでは、春樹がプロポーズを撤回。

何があったのでしょうか。

春樹が言うように、もしケイトの父親が殺人犯だとすると、生まれてくる子供はその遺伝子を継いでいる。

そう考えると、結婚を躊躇してしまう気持ちも、理解できなくはありませんが、母を亡くしたばかりのケイトの気持ちを考えると、可哀そうでなりません。

春樹には、婚約を破棄せざるを得ない事情があったのでは?と感じるところもありますが、真実はいかに。。

次週も楽しみですね。