ドラマ

『知らなくていいコト』第2話あらすじネタバレと感想|尾高の優しさにケイト涙!

2020年1月15日放送の第2話『知らなくていいコト』

第1話では、主人公・ケイトの母が突然他界し、その母が残した最後の言葉に翻弄されるケイト。

自分の父親が、殺人犯かもしれないと知り、ショックを受けるケイトに更なる追い打ちが。

恋人・春樹にプロポーズされたかと思えば、父が殺人犯かもしれないという理由で、婚約破棄になってしまいました。

第2話の知らなくていいコトは、ちょっと心温まるストーリーです。

では、前回に引き続き、気になる第2話のネタバレと視聴者の反応をまとめていきます。

知らなくていいコト | 主な出演者一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

第2話ゲスト | えなりかずき、市川由衣


山際篤夫えなりかずき
DNA婚活サービス・参加者。笹野明菜とわけあり?

笹野明奈市川由衣
結婚相談所・事務局職員。山際篤夫とわけあり?

知らなくていいコト | 第2話ネタバレ「DNA婚活イベントに潜入!」

3週間後。恋人の春樹から、プロポーズを破棄され、失意の真っただ中にいたケイト。

次の特集記事の取材として、DNA婚活の取材へ行くことに。

あらかじめ、参加者の唾液からDNAを採取し、相性の良い者同士で、お見合いをさせようというのだ。

参加者に、洗脳させているような胡散臭さを感じるケイト。

しかし、一人の男性参加者、山際篤夫(えなりかずき)が気になった。

他のペアが、カップルとして成立していくなか、山際のペアだけが、唯一成立しなかったのだ。

そして結婚相談所事務員・笹野明奈(市川由衣)と、何やら訳ありの様子。

一方、編集部では、ケイトへの後ろめたさから、野中は同じ編集部にいるのが辛いと、上司の岩谷に、部署を異動したいと相談していた。

ケイトと別れた事情を知った岩谷だが、

「そんな理由で異動はさせない。過ぎたことは忘れろ。おまえは大事な戦力だ。」

と、野中の申し出を却下する。

DNA婚活の取材を終え、ケイトが会場をあとにすると、参加者の山際が、笹野を待っている様子。

山際の問いかけに、少し困った様子の笹野。

足早に立ち去ろうとする笹野を、山際は追いかけていた。

ケイトは、後輩の佐藤幸彦に2人のあとを追わせ、自分は、アポを取っていた、横浜理工大学の遺伝学の教授に会いに行くことに。

教授から、マウス実験による研究結果の話を聞くケイト。

親マウスが恐怖に感じたものが、子供のマウスも恐怖に感じるという実験だった。

遺伝学上、親が経験したことが、子供に遺伝すると言うのだ。

人間の場合は、言葉があるので、その対象が恐怖ではないことを、伝えれば良いのでは?と質問するケイト。

しかし教授の答えは、

「遺伝子の意思こそが、命の意思。DNAの意思の前に、言葉など無力。」

というものだった。


自分がもし犯罪者の子供なら、その遺伝子を継いでいる。

そう考えると、ますます落ち込むケイトだった。

編集室に戻ると、野中が徹夜作業のために、仮眠室にいた。

目を覚ました野中と鉢合わせし、気まずい雰囲気に。

そんな空気を何とかしようと、缶コーヒーを差し出すが、野中はそっけない態度。

野中が向ける視線に、ケイトは動揺する。

「そんな、恐ろしい人見るような目で見ないでよ。」

ケイトを軽蔑するような目でみる野中。

「私が人殺しだとでも思ってるの?それって差別じゃない。見損なったよ。。。」

失望したケイトは、そのまま会社をあとにした。

帰り道、歌舞伎町に夜通し、コウモリの撮影に行く尾高に出くわしたケイトは、そのまま撮影に付き合うことにした。

撮影が終わると、ケイトは乃十阿徹の話を切り出す。

乃十阿徹が父親かもしれないと打ち明けても、動揺しない尾高の様子に、何か隠していると感じたからだ。

尾高は、ケイトの押しに負けた様子で、話しを始めた。

尾高は、自身が撮影した、乃十阿徹の出所の写真が掲載されたあと、ケイトの母に呼び出されていた。

そこで、乃十阿徹との出会いから、ケイトを出産するまでのいきさつ。そして、

「どうか、もう乃十阿徹を追わないでください。そしてケイトを生涯、守ってあげてください。」

とお願いされたことを。

ケイトは、前日のDNA婚活に参加していた、山際のインタビューを取りに、山際の設計事務所を訪れた。

すると、山際と笹野が仲良く事務所へ入っていく姿が。

半ば強引に、山際の事務所へ入れてもらうことに成功したケイトは、お互い好意があり、付き合っているにもかかわらず、なぜDNA婚活に参加したのかを質問する。

すると、山際は笹野とのDNAの相性が最悪だったと告白。

70%以上のマッチング率がないと、相性が良いとはいえない、と結婚相談所では謳っているが、2人のマッチング率は10%以下。

山際は、6回以上もマッチング率の良い相手を紹介してもらったが、笹野以外は好きになれなかったと。

「10分の1の数字でも、自分が10倍努力するから。結婚してください!」

山際は突然、笹野にプロポーズをした。

DNAのマッチング率の低さを気にする笹野に、ケイトは

「DNAに関係なく、プロポーズしてくれる人なんて、いないですよ!」

と2人を応援するのだった。

「恋愛において、DNAの相性は必ずしも関係ない」ケイトは特集記事を書き上げた。

ケイトは岩谷と飲みに行った帰り、尾高を訪ねていた。

乃十阿徹の件で、ケイトの母と口外しない約束だったのに、なぜ打ち明けたのかを聞くと、「苦しそうだったから」と答える尾高。

ケイトは、尾高がプロポーズしてくれた日のこと、そしてその日に、尾高と別れたことを、思い出していた。

尾高が、乃十阿徹の娘だと知っていて、プロポーズしていたことを知り、ケイトは後悔で涙が止まらなかった。

『知らなくていいコト』第2話| 尾高のかっこよさに胸キュンするも、野中の鋭い視線が怖い!

父親が犯罪者でも関係ない!

そういってプロポーズしたにも関わらず、速攻プロポーズを破棄した野中

一方で、犯罪者の娘だと知りながらも、プロポーズをしていた尾高

しかも、ケイトに振られても、そのことはずっと黙っていた、口の堅い優しさが明らかになりました。

1話では、野中のさわやかな笑顔が話題になりましたが、一転、ケイトを見る視線が、怖すぎることも話題に。

重岡大毅の高い演技力が成せるわざでしょうか。


尾高の役は、妻子持ちという設定なので、ケイトとの復縁はないのでしょうか。

2人の関係も気になってきますね。