ドラマ

『知らなくていいコト』第5話あらすじネタバレ|ケイトと尾高の関係に変化?

2020年2月5日放送の第5話『知らなくていいコト』

第5話のあらすじをまとめていきます。

知らなくていいコト | おもな登場人物(出演者)一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

乃十阿徹:小林薫
ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。
出所後の現在は、自転車屋で働いている。

黒川正彦:山内圭哉
特集班・デスク

小野寺明人:今野隆文
特集班(黒川班)のケイトの先輩

佐藤幸彦:森田甘路
特集班(黒川班)のケイトの後輩

第5話ゲスト | 勝野 洋

沖田秀則:勝野 洋
元警察署長

知らなくていいコト | 第5話あらすじネタバレ

30年前に乃十阿徹(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場へ、尾高由一郎(柄本佑)と共に訪れた真壁ケイト(吉高由里子)。

未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く。

「考えてもどうにもならないことは、考えない方がいいよ。」

尾高が優しい言葉をかけるが、ケイトは素直に受け止められなかった。

そんな割り切った考えをする尾高に、ケイトはなぜ現場に連れて来てくれたのか尋ねると、尾高は答えた。

「ここにケイトが一人で立っている姿は、想像したくない。」
吉高由里子&柄本佑@知らなくていいコト帰りの車内で、母の納骨を一人で済ませたと告げるケイト。

しかし納骨はまだだった。恋人でも夫婦でもない尾高に、納骨に立ち会って欲しいとは、頼めなかったのだ。

翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)が、スパルタ教育の末、実の孫を殺害したとされる事件の判決を、傍聴したケイト。

罪を認め、反論しない沖田の姿に、直感的に引っかかるものを感じる。
ケイトは沖田本人に、面会を取り付けることを、黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から、沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは、逆の証言にも行き当たる。

沖田はスパルタどころか、中学・高校の6年間、毎朝お弁当を孫のために作るほど、可愛がっていたというのだ。

しかしその証言を、どのマスコミを取り上げていない。

ケイトはコネのある長谷部刑事に話を聞きに行くと、沖田が孫を殺すなんて、信じられないと証言。

長谷部の子供は、沖田の孫と同じ歳で、小さいころは一緒にディズニーランドへ連れて行く仲だったという。

警察署内の人間も、沖田がそんな人間ではないと思っているが、早く事件を終わらせたい警察は、誰も沖田について、証言をしないのだ。

事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは、面会申請を断られてしまう。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は、編集部に訪れた尾高から、ケイトが一人で母の納骨を済ませたと聞く。いつも強気なケイトを、岩谷は心配していた。

そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が、野中春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた。しかし春樹は、ケイトと尾高の関係が気になっていた。

ケイトは、沖田に殺された孫・弘人の周辺について、警察もマスコミも調べていないことが気になり、さっそく取材に出る。

同級生によると、学校内での弘人の評判は悪く、司法試験の前は、常にイライラしていたという。また爆弾作りを好んでいたことから、爆弾キング、通称「バッキン」と呼ばれていた。
ケイトたちは、弘人のバイト先へ取材に向かうが、職場でも評判は悪く、そこでも弘人は、周囲に趣味は爆弾作りと、公言していた。

取材を終え、ケイトたちが編集部へ戻ると、デスクの黒川(山内圭哉)にネタを却下されたにも関わらず、頑なに爆弾ネタを調べていた福西彰(渕野右登)がいた。

爆弾に関する裏サイトを見つけたと、黒川にアピールしていた福西。それを見ていたケイトは、バッキンの名前で、ハロウィンの日に、練馬区のにじの葉保育園を爆破すると、爆破予告があったことを発見する。

しかも、バッキンの書き込みは、ハロウィン以降途絶えていた。
ケイトは、沖田が弘人の保育園爆破を阻止するために、仕方なく殺めてしまったのではないかと推測。

岩谷は沖田本人と話す機会を得るため、弁護士の接見について行くようケイトに指示。しかし弁護士は、沖田は事実を明らかにすることを、望んでいないと、ケイトの接見を受け入れなかった。

その頃、野中と小泉は2人で食事をしていた。

野中のどこが良いというのはないが、「好きなんです」と明るく答える小泉。

「付き合うなら、ルーツを知っておいた方が良いと思って」と両親のことを聞く野中に対し、「私、付き合いたいとは言ったけど、結婚は考えてませんよ。」とあっけらかんと、答える小泉だった。
ケイトは弁護士に接見を断られ、一人で食事をしていると、岩谷と尾高がやってきた。

岩谷は、帰ろうとするケイトを引き留め、3人で食事を楽しむことに。

酔ったケイトを家まで送った尾高は、部屋に母の遺骨がまだあることに気づく。

「見ないで!」と慌てて隠そうとするケイトに、「何も見てない」と言う尾高。

その優しい眼差しに、ケイトは思わず尾高に抱き着いてしまう。

「ママのお骨が無くなったら、この家がが広く感じちゃうと思って納骨できないの。」

ケイトの気持ちを察していた尾高は、優しくケイトをなだめていた。
後日、ケイトは一人で母の納骨を行った。

ケイトの情熱に負けた弁護士は、沖田との接見を許可してくれた。

沖田と接見に成功したケイト。

弘人が司法試験の勉強が進まないのは、近くの保育園がうるさいせいだと思い込み、闇サイトで爆弾を作り、本当に実行しようとしたのを止めようとして、殺めてしまったのではないかと、たずねる。

しかし沖田は何も語らなかった。
特集ネタとして、執筆の許可を得たケイトだったが、本人の証言が無いままに記事を書くことに躊躇する。乃十阿徹の存在がちらつき、いつもの勢いで記事が書けなかった。

特集記事は大きな反響を呼び、沖田に対する目がガラリと変わる。沖田に同情する声も上がっていた。

その後警察の捜査によって、沖田の家の庭から爆弾が発見。しかし沖田は控訴しなかった。

ケイトは編集部を出ると、帰宅せずにある場所へ向かった。そこは乃十阿徹がいる場所だった。

『知らなくていいコト』第5話|視聴者の反応

既婚者の尾高とケイトの復縁は無いかと思っていた視聴者も多かったと思いますが、第5話での、尾高と妻のやり取りに、違和感を感じた視聴者が多かったようです。

家に帰らず、仕事場として使用しているスタジオで、寝泊りする尾高。

朝が早かったり、夜が遅いから家族に迷惑かけまいとする行動であるとも、考えられますが、やたらとケイトを気に掛ける尾高に、もしや別居中?という意見もありますね。

まだまだ、2人の関係に目が離せませんね。