ドラマ

『知らなくていいコト』第6話あらすじネタバレ|ケイトと尾高の熱烈なキスに視聴者が釘付け!

2020年2月12日放送の第6話『知らなくていいコト』

週刊イーストの十八番である不倫ネタを特集することになったケイト。

しかしケイトは、尾高と自分の関係を重ね合わせ、複雑な心境のまま取材に出ることに。

第6話のあらすじをまとめていきます。

知らなくていいコト | おもな登場人物(出演者)一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

乃十阿徹:小林薫
ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。
出所後の現在は、自転車屋で働いている。

黒川正彦:山内圭哉
特集班・デスク

小野寺明人:今野隆文
特集班(黒川班)のケイトの先輩

佐藤幸彦:森田甘路
特集班(黒川班)のケイトの後輩

第6話ゲスト

知らなくていいコト | 第6話あらすじネタバレ

真壁ケイト(吉高由里子)は、乃十阿徹(小林薫)に会いにいき、自分が真壁杏南(秋吉久美子)の娘だと告白するが、乃十阿は突然ホースの水をケイトに浴びせ、ケイトを追い払ってしまう。

びしょ濡れになり震えて歩くケイトを、心配して駆けつけた尾高由一郎(柄本佑)は介抱し、着替えさせるために近場のラブホテルへ行くことに。

そこで尾高は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか、本当のことが知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行く。

しかし高村から聞き出せたのは、乃十阿は事件の事は一言も話し事がなく、現在は事件前の関係者にも会おうしないということだけだった。そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは、実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると、直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて、自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。しかし密会場所の連絡には、将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われており、ケイトたちはその暗号を解くことができない。

2人を尾行するケイトたちだったが、不倫現場を押さえるのに難航。

そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった野中春樹(重岡大毅)に、棋譜の解読を頼むことに。その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する。

翌日、野中が見事棋譜の解読に成功し、2人の会う場所が判明。編集用の岩谷(佐々木蔵之介)によって、桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動する。 2人の密会場所を特定したケイトたちは、見事な連携プレーで同じホテルの部屋へ入る2人を確認。

しかし2人一緒の写真が欲しい特集班は、さらに数日間だけ2人を追い、2ショットが取れた時点で直撃取材を申し込むことにした。ついに、2ショットの現場を押さえたケイト。

楽しそうにしている2人の時間を、自分が壊していいものかとつぶやくケイトだったが、直撃取材に成功。

そこで2人はお互いに不倫関係を認め、真剣な付き合いであることを告白する。将棋界のプリンスと人気女優の不倫報道に、今回も週刊イーストはほぼ完売。世間では2人の関係に色めきだっていた。

吉澤文香の手記を狙って、ケイトは取材を申し込むが文香は何も語ることはないと、取材を拒否した。

尾高は日に日に、ケイトの存在が大きくなっていることを感じていた。ケイトとの楽しい日々を思い出し、2人の写真を眺めていると、ケイトが訪ねてきた。

ケイトが訪ねてきた理由が、自分との関係が不倫のような関係ではないかと、思い悩んでいることだと察した尾高。

自分たちはケイトの父・乃十阿で、関係が繋がっただけだと話す尾高だったが、同時にケイトの存在が大きくなっていること告白。

「今でも付き合っていた頃と変わらない関係だと、口にすれば踏みとどまれると思っていたけど…踏みとどまろう。」そう言った尾高だったが、踏みとどまることができなかった。

『知らなくていいコト』第6話|視聴者の反応

今回もラストでキターー状態だった、ケイトと尾高。

一線を超えていないことを確認し合う2人でしたが、たまらず尾高がケイトにキスしてしまったラストに、視聴者は大興奮だったようです。

尾高役の柄本佑さんのイケメンっぷりに、ファンが増殖中です。

「出会いの順番はどうしようもない宿命。後から出会った方が、道から外れていると、一方的に責められるのはどうなのかな。」と、ケイトが語った言葉が、印象的でした。

今後、2人の関係は更に進んでしまうのでしょうか。

応援したい反面、尾高が既婚者であることに、視聴者としても複雑な気持ちです。