ドラマ

『知らなくていいコト』第7話あらすじネタバレ|野中がケイト出生の秘密を暴露

2020年2月19日放送の第7話『知らなくていいコト』

校了前の激務の中、デスク代理を任されたケイト。

そんな中、週刊イースト史上最悪の襲撃事件が発生!

第7話のあらすじをまとめていきます。

知らなくていいコト | おもな登場人物(出演者)一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

乃十阿徹:小林薫
ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。
出所後の現在は、自転車屋で働いている。

黒川正彦:山内圭哉
特集班・デスク

小野寺明人:今野隆文
特集班(黒川班)のケイトの先輩

佐藤幸彦:森田甘路
特集班(黒川班)のケイトの後輩

第7話ゲスト

知らなくていいコト | 第7話あらすじネタバレ

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)。ついに2人は一線を超えてしまう。

「バチが当たっても、時々私と一緒に居て。何も望まないから。」と甘えるケイト。

すると尾高は「そんな風にうまくは行かないよ。ケイトはそれでいいかもしれないけど、俺そんなに器用じゃないもん。さりげなく両立なんてできない。」とケイトを優しく抱きしめる。

不倫を追う立場でありながら、道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くケイトだった。翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わり、デスク代理に指名されたケイト。校了前日の激務に追われていた。

そんな中、編集部には次々とトラブルが発生。

マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手・笹美鈴(小沢真珠)が殴り込んできたのだ。記事を書いたのは誰だと、大声を張り上げ大騒ぎ。すかさず編集長の岩谷(佐々木蔵之介)が出て行くと、「我々はきちんと裏の取れたものでないと、記事にしません」と主張。

美鈴は一方的な証言で記事にするのかと、さらに騒ぎ立てるが、岩田は美鈴に何度も取材を申し込んだが、応じなかったため、歴代のマネージャーや、周りの歌手たちによる証言を元に、記事を書いたと説明した。

「私は恫喝なんてしないない!」と叫ぶ美鈴に、「あなたは今私を恫喝しておられますよね?」と岩谷が言い返す。

図星をつかれ、逃げ場のなくなった美鈴は、「なめんじゃねえ!」と、岩田をビンタ。怒りが収まらない様子で、帰って行った。美鈴が帰ったのを見届けると、岩谷は今起こったことを動画撮影していたか確認すると、記事にまとめあげろと冷静に指示。

「2時間で戻る」と岩谷はそのまま、編集部の業務に後ろ髪を引かれながらも、駆り出された連載を抱える大物作家・丸山シゲオ(西村まさ彦)の接待へと向かった。

場が収まったと安心したのもつかの間、今度は右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が、突然掲載の撤回を要求し、スクープ記事が飛ぶ大ピンチに。

家族の事を考えると、実名告発はやっぱり止めたいと、言ってきたのだ。

担当記者が、なんとか説得しようと、告発者に合いに向かったが、ボツになった場合の代わりとなる記事のネタ探しに、編集部は一丸となって奔走する。

気難しい作家で有名な、丸山との食事会真っただ中の岩谷。校了前の編集部の様子を見に、席を外すと言って後を連載班に任せ、食事会を抜け出して編集部へ戻っていく。岩谷が編集部へ戻ると、告発者の説得を根気よく続けろと指示。しばらくすると、告発者の気持ちが変わったと連絡が入る。予定通り右トップの記事としての掲載が確定。

食事会を中座した岩谷は、連載班に「10分で戻る」と連絡し、急いで店へ戻っていった。

編集部には更にトラブルがやってくる。

大人気アイドル・篠原モモカの写真集発売前に、週刊イーストが、彼女の路チュウ写真を掲載すると耳にした、出版局長・江川直之(おかやまはじめ)が、アイドルのスキャンダルが露呈すれば、写真集の売上が落ちてしまうからと、掲載を1ヵ月送らせて欲しいと、圧力をかけてきたのだ。

黒川班のデスク代理のケイトが、掲載については編集長次第だと、口外できないことを説明するが、江川はすぐに岩谷を呼べといって聞かない。

食事会へ戻ろうとしていた岩谷は、ケイトからの連絡により、再度編集部へ戻ることに。

岩谷は写真の掲載中止はしないと断言。その方が写真集が売れるだろうと言うが、江川は全く引かない。一方、岩谷が戻って来ないことで、すっかりヘソを曲げてしまった作家の丸山。連載は止めるとダダをこね始めたと連絡が入る。

岩田はすぐに食事会へ戻らなければと、江川の話を保留にしようとすると、江川は丸山と懇意の中だから俺に任せろと、一緒に食事会へ行ってしまった。

江川のおかげで丸山との接待は無事終り、ホッとする岩谷と連載班。校了前で徹夜の作業になるだろうと、差し入れのお寿司を購入し編集部へ戻る。

疲労と活気と混乱が渦巻く編集部は、岩谷からの差し入れに一息ついていた。

しかし、そんなムードを壊すかのように、刃物を手にケイトに近づいていく人物が。

週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生。ケイトは前回、不倫スクープをした、天才技師の妻・和美(三倉茉奈)に刺されてしまった。

そしてケイトが襲撃された場を偶然目撃した尾高。とどめを刺そうとケイトに襲い掛かった和美から、とっさにケイトをかばい、背中を刺されてしまう。救急車で運ばれる尾高とケイト。尾高の手術は成功し2人とも無事だった。岩田には今回の襲撃事件を右トップにし、特集記事にすることを決定する。

その頃、尾高の病室を訪れようとしたケイトだったが、部屋から出てくる子供を抱えた尾高の妻を目撃してしまう。ケイトは自分の病室へ戻ると、尾高からメッセージが届く。

(尾高)「生きてる?」
(ケイト)「生きてる」

(尾高)「今どこ?」
(ケイト)「ウチ」

会いたい気持ちを抑え、嘘の返事を打つケイトだった。

編集部には警察も入り、特集記事の準備で皆が奔走するなか、一人孤立していた野中(重岡大毅)。暇なら全員分の飲み物買ってきて、と買い出しに行かされ、疎外感を感じていた。

野中が編集部のビルを出ると、外には大量のマスコミが。その中の一人が野中に近づき、被害者の真壁ケイトについて、教えて欲しいと名刺を渡す。ケイトと尾高の関係や、編集部内での孤立で、屈折した思いを抱く野中。名刺の人物の取材を受け、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることを暴露してしまう。

『知らなくていいコト』第7話|視聴者の反応

尾高がケイトをかばったことで、2人の関係に気づいた野中。

ケイトを振った身でありながらも、2人への屈折した感情から、ケイトの出生の秘密をマスコミにバラすという、最低の行動に視聴者は予想通り激高です。

野中がついに闇落ちしましたね。。

命を張ってケイトを守ろうとする尾高と、ケイトを陥れようとする野中の対照的な描写は、人間の深い愛情と闇の対比を体現しているようで、ドキドキしてしまいました。

秘密をバラされたケイト。このピンチをどう乗り切るのでしょうか。