ドラマ

『知らなくていいコト』第8話あらすじネタバレ|闇落ちした野中のクズっぷりが加速!

2020年2月26日放送の第8話『知らなくていいコト』

野中の裏切りによって、乃十阿徹が父だと知られてしまったケイト。

追う側から、追われる側になってしまったケイトに、スクープ記事を書くことはできるのか。

第8話のあらすじをまとめていきます。

知らなくていいコト | おもな登場人物(出演者)一覧


引用:公式サイト

真壁ケイト吉高由里子
主人公。東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者

真壁杏南秋吉久美子
主人公の母で、映画翻訳家。脳梗塞で他界してしまう。

野中春樹重岡大毅(ジャニーズWEST)
ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。

尾高由一郎柄本佑
ケイトの元カレで元同僚。動物専門のカメラマン。

岩谷進佐々木蔵之介
ケイトの上司で、出版社の編集長。

乃十阿徹:小林薫
ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。
出所後の現在は、自転車屋で働いている。

黒川正彦:山内圭哉
特集班・デスク

小野寺明人:今野隆文
特集班(黒川班)のケイトの先輩

佐藤幸彦:森田甘路
特集班(黒川班)のケイトの後輩

第8話ゲスト

知らなくていいコト | 第8話あらすじネタバレ

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情から、ケイトの父が乃十阿徹(小林薫)であることを、他誌にリークした野中(重岡大毅)。

襲撃事件で腕を刺されながらも、退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。

そんな中、上層部からケイトの異動について、圧をかけられた岩谷(佐々木蔵之介)。上の要求を突っぱねるため、ケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田正司の自殺で、うやむやになったワイロ疑惑について。

全ての罪をかぶる遺書を残し自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が、3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。

トカゲのしっぽ切りをしたであろう、梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも、消えた帳簿探しに奔走。

しかし相田の妻・依子(遠藤久美子)を訪ねるも、頑なに取材を拒否されてしまう。

一方、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配していた。

翌日、ついにケイトが、乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然。殺人犯の娘が、週刊誌記者ということが公になり、ケイトを取り巻く状況は一転する。追う立場から、追われる立場になったケイト。相田の妻は、相変わらず取材に応じてくれない。

そこへ、ケイトを追う別の記者がやってきて、ケイトを取り囲んでしまう。その様子を見ていた依子は、とっさにケイトを家に引っ張り込んで助け出す。

記者から救ってくれた依子に感謝するケイトだったが、依子は「分かりました?追われる側の気持ち。もう私のことを追わないでください」と、ケイトを遠ざけようとしていた。相田が残した帳簿が見つからず、思うようにネタ集めが進まないケイトは帰社。

編集部のメンバーは、ケガが治っていないから早く休めと、いつものように接してくれることに、思わず涙してしまう。

ケイトが自宅マンションに帰ると、マンションの住人は殺人犯の娘が住んでいると大騒ぎ。部屋に帰ることができず、途方に暮れていると、尾高から連絡が。

自分の仕事場であるスタジオに泊まって良い、という連絡だった。尾高の優しさにすがりたい気持ちを抑え、ケイトは編集部にしばらく泊まることにした。ケガが落ち着き、職場に復帰した尾高。それを見た野中は、尾高に見つからないよう、コソコソと隠れる。

しかし野中を見つけ出した尾高は怒りを爆発。怯える野中の右頬に、尾高は一発食らわせた。

「もう2人で会わない方がいいですよ。尾高さんとケイトの不倫がバレたら、もっと大変なことになりますから!」

殴られた頬を抑えながら、不敵な笑みを浮かべ野中は叫んだ。岩谷はケイトを守った尾高の姿を見て、編集部全員が、尾高の気持ちに気づいていると話した。

ケイトは入院中、尾高の妻と子供を見てから、尾高を訪ねて行けなかったことを告白。

すると岩谷は「尾高はケイトを選ぶよ。ケイトはケイトらしく、まっすぐ尾高を求めればいいさ。」と、ケイトを優しくサポートするのだった。翌朝、寝起きで朝の準備をしていたケイト。

ヘアバンドをクビに掛けたままのケイトを見た同僚に、「どうしたの?その首輪」と言われ、ハッとするケイト。

相田家の家族写真に写っていた、愛犬を思い出す。相田の残した帳簿のデータは、愛犬の首輪ではないかと推測したのだ。依子の家へ駆けつけたケイト。相田家の愛犬の首輪をはずすと、そこにはメモリカードが隠してあった。

データの中には、帳簿と相田が自殺したことを告白する文書が。そこには、何も語らず命を絶った、相田の思いが綴られていた。

夫の思いを知った依子は涙し、週刊イーストで記事にして欲しいとケイトに告げた。

右トップのスクープ記事を無事書くことに成功したケイト。

しかしその頃、岩谷は副社長の石森(大高洋夫)から、ケイトに手記を書かせろと迫られていたのだった。

知らなくていいコト|第8話 視聴者の反応

予想通りと言いますか、ケイトの秘密を暴露しておきながら、コソコソ隠れるクズっぷりを見せてくれた野中。

ドラマとは言え、重岡大毅のクズ男の演技が上手すぎて、非難が殺到しています。

野中を演じた本人は、撮影時のシーンを楽しそうに振り返っていますが(笑)

ケイトと尾高が不倫の関係になると分かっていても、人生は一度きりだと、2人を否定しない岩谷編集長。

尾高さんのイケメンっぷりが話題になっていますが、もしかすると本当のイケメンは、岩谷編集長ではないかと感じています。

ケイトは手記を書くことになるのか。

そして父・乃十阿徹は冤罪なのか?

いよいよドラマも大詰めを迎え、暴かれていく真相にドキドキしますね。