ドラマ

『シロクロパンダ』第1話あらすじネタバレと感想|レンは双子だった!田中圭の殉職は偽装か?

2020年1月12日放送の第1話
『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。』

第1話のネタバレと、放送後の視聴者の感想をまとめました。

放送前から、奇抜なスタイルと、異色なストーリーが話題だった本作。

ネタバレと合わせて、放送後の反響を紹介していきます。

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。』 | 第1話のおもな登場人物(出演者)

大学で精神医学を学びながら、メンタリストNとしてテレビに出演。Mr.ノーコンプライアンスの指示で、世の中の“グレーゾーン”にシロクロつける活動を行う。川田レンに催眠術をかけ、「ミスパンダ」に変身させている。

かつては“天才美少女棋士”と騒がれた囲碁棋士。10年前のある事件をきっかけにネガティブで弱気な性格に。森島の催眠術によって「ミスパンダ」に変身させられているが、本人は気づいていない。

森島直輝の父親で、シングルファザー。警視庁捜査一課の刑事。8年前、ある事件を追っている最中に失踪。その後、白骨死体で発見される。

レンの母親。10年前のある事件がきっかけで入院し、療養施設で生活している。

法律では裁けない、グレーな事件の真実を暴き出ため、森島にシロクロつける指令を出す謎の人物。強すぎる正義感には、過去に下した“ある決断”が関係している。

全日テレビに出入りする、フリーのディレクター。ミスパンダに興味を示し、その正体を追い始める。

森島の恋人で、全日テレビに勤務する報道記者。中学時代、【コアラ男】を名乗る男に誘拐された過去がある。

直輝のゼミの教官で、大学病院の精神科医。10年前のある事件以降、レンの担当医として診察する良き理解者。

レンがアルバイトをしている囲碁喫茶の店主夫婦。近所に住むレンを、幼い頃からかわいがる、親代わりの存在。レンの過去の秘密を知る数少ない人物。

直輝の大学のゼミ仲間

第一話ゲスト

江本達郎:和田正人
IT会社社長

横山愛菜:山口真帆
IT会社につとめる。社長の江本から、セクハラ・パワハラを受ける。

花咲義弘:遠山俊也
花咲形成外科クリニックの院長

ヤマザキ:仁村紗和
IT会社社長秘書

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。』 | 第1話ネタバレ「セクハラ・パワハラの真実を暴く」

川田レン(清野奈名)は、かつて“天才美少女棋士”と騒がれた囲碁棋士。

10年前のある事件をきっかけに、ネガティブで弱気な性格に変わってしまい、負けが続いていた。

唯一の楽しみは、通院先の病院で、医学生の森島直樹(横浜流星)に会うことだった。
森島は恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれ、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演することに。

収録が終わり、森島がスタジオを出ると、有名IT企業の江本達郎が、深刻な顔で、テレビ関係者と思われる人物と話をしていた。森島は、恋人のあずさから、会社の女性社員・横山愛菜が、飛び降り事件があったことを知らされる。

しかも、その飛び降り前と思われる告白動画が、ネットへアップされ、SNSが炎上。

衝撃的な愛菜の死に、“整形手術の失敗を苦にして飛び降りたのではないか?”など、さまざまな噂が広まっていたのだ。
森島は、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受ける。

IT企業で起こった事件の真相を暴けというものだった。

全日テレビでは、特集ネタの会議が開かれていた。

神代一樹(要潤)は、SNSで「包帯女」として話題になっている、IT企業で起こった事件を取り上げるべき、と主張していた。

だがチーフプロデューサーの、飯田兼一(福田転球)は、許可しない。

事件の被害者・愛菜が、整形手術を受けた病院が、全日テレビのスポンサー、花咲整形外科クリニックなのだ。

それでも神代は、花咲院長への突撃取材を強行。

IT企業の社長・江本へ取材した際、愛菜と仲が良かった秘書から、「愛菜に、整形に失敗した」と告白されていたと、証言を取っていたからだ。
レンは時折「パンケーキ食べに行こうよ」と誘ってくれる森島にときめきを感じていた。

今日も森島から突然の誘いが。レンはバイト先を抜け出し、森島に会いにいった。

「なんか森島さんと会うと舞い上がっちゃって。家に帰っても、良く覚えてないんですよね」

緊張した様子で、はにかみながら森島に話すレン。

「そんなに緊張しないでさ。もっとリラックスしてよ。」

そういうと、森島はパンケーキにゆっくりと、メープルシロップをかけはじめる。

パンケーキにかけられていく、シロップを眺めるレンは、次第に意識が遠のいていった。

「さあ出番だよ、ミスパンダ」

森島の目の前には、ミスパンダとなったレンの姿。

「待ちくたびれたよ!飼育員さん!」

ミスパンダは、事件の真相を暴くため、愛菜の葬儀に現れ、動画を再生した。

そこには、夜のオフィスに忍び込む、ミスパンダの姿。

彼女は、愛菜の飛び降りた場所は、通常、人が飛び降りようとは考えない場所であることを指摘。自殺ではなく、他殺であることを知らしめた。

続いて、SNSへアップされた、愛菜が亡くなる前の動画が再生される。

顔に包帯を巻いた愛菜。SNSへアップされた動画には、続きがあった。

包帯を外していくと、そこには笑顔の愛菜の姿が。

愛菜は整形に失敗したわけではなかったのだ。

深夜のオフィス。社長の江本が、飾られていたトロフィーに、手を伸ばそうとしていた。

「やっぱり来ましたね」

森島は、ミスパンダが再生した動画に、仕掛けをしていたのだ。

森島が作った、偽物のトロフィーを動画に映すことで、動揺する江本の様子を、探っていたのだ。

そう、愛菜を殺害した凶器は、トロフィーだったのだ。

森島に襲い掛かろうとする江本。

すばやく身をかわした森島は、江本を失神させた。

江本による犯行は、愛菜と仲が良かった、秘書が告発し、とうとう事件の真相が明らかになった。

ハラスメントを告発した動画を、SNSにアップすると脅された江本は、とっさに愛菜を殺害してしまったのだ。

江本は、愛菜への態度は、ハラスメントではなく歪んだ愛情だと告白。

しかし、愛菜へは伝わるわけもなく、ミスパンダによる制裁が終わった。

森島は、パンダのぬいぐるみを、抱きしめていた。

幼い頃、父である森島哲也(田中圭)からプレゼントされたものだ。

「いつでもこのパンダがお前を守ってくれる」

父・哲也は、8年前に事件を追っている最中に突然失踪。

直樹が18歳の頃、白骨死体として発見されていた。

そのとき、父からもらったパンダのぬいぐるみの右目に、謎のUSBメモリが隠されていることに気づいた直樹。

USBメモリには、3つの動画ファイルが。

「この子の命が惜しければ、1億円を用意しろ」

そこには、コアラのぬいぐるみを被った男が、当時中学生だった、恋人のあずさを誘拐した際の、身代金を要求しているものだった。

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。』 | 第1話の伏線と謎

第1話では、森島やレン、そしてその他の登場人物たちが、どう関わってくるのかが、今後の謎を解くカギになってきそうですね。

今後のストーリー展開に必要な、伏線と謎をまとめてみました。

①レンの家族写真

レンの部屋の写真と、レンの母親の病院に飾られている写真の違い、気づきましたか?

写っている子供が、塗りつぶされているんですが、レンの部屋の写真で、塗りつぶされている子と、母親の部屋の写真で、塗りつぶされている子が、それぞれ違うのです。

<レンの部屋の写真>

<レンの母親の部屋の写真>

良く見ると、2人の子似ていませんか?レンは双子?なのでしょうか。

レンの母・麻衣子は、レンを溺愛していますが、もう一人の子は、そうではなかったようです。

病室を訪問するレンに、麻衣子は満面の笑みで迎えていることからも、溺愛ぶりが読み取れます。

しかし、これでは終わっていませんでした。

チェインストーリー(1.5話)で、この時レンが持ってきたバナナを、ゴミ箱へ捨てているシーンが、映されていました。

母を見舞っていたのは、溺愛していたレンではない、ということでしょうか。

レンは双子で、姉妹が入れ替わったと考えられます。

②森島の父・徹也が残したUSBメモリの動画

ラストシーンで、森島がパンダのぬいぐるみに、USBメモリを発見しました。

メモリには、3つの動画ファイルが保存されていましたが、第1話では、そのうちの一つだけしか、再生されていないようです。

他の動画ファイルには、何が保存されているのか。気になりますね。

①コアラ男の正体

ドラマの主軸は、この事件から始まっているように感じます。

背格好から、男性であることは間違いないようですね。

この誘拐事件と森島の父の失踪は、大きく関わっているのかも知れません。

これらの謎から、推測すると、

①レンが心を閉ざしてしまった10年前の事件は、レンの姉または妹に関わる事件だった。

②森島やMr.ノーコンプライアンスが、グレーな事件を解決しようとしているのは、コアラ男による、誘拐事件がきっかけだった。

コアラ男による誘拐事件と、森島の父・哲也の失踪時期が重なっていることから、誘拐犯は父の哲也ではないでしょうか。

そして何らかの理由で、死んだことにして失踪した。

白骨遺体で見つかったとありましたが、身分証等が一緒にあれば、本人確認のための、遺骨を調査することまで、してない気がします。

第2話では、どんな展開になるのでしょうか。

これらの伏線や謎が明かされていくのが、楽しみです。

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。』 第1話|視聴者の反応は?

奇抜さと異色なストーリーの第1話。

前回の「あなたの番です」で共演した、横浜流星と田中圭が再び共演ということで、あな番を観ていた視聴者からは、喜びの声もあったようです。

横浜流星にキュンキュンしていた視聴者もいたようですよ。

ミスパンダの衣装が、レディーガガに見えたという意見も。

確かにそっくりです。

全体的には、予想通りと言いますか、横浜流星のイケメンっぷりが、話題になっているように感じました。

戦えるイケメン、最強ですもんね。