ドラマ

『テセウスの船』第6話あらすじネタバレ|犯行を告白したみきお。再びタイムスリップした心の運命は

2020年2月23日放送の第6話『テセウスの船』

変わり果てた現代に戻ってきた心。

残酷な現実からも逃げず、父・文吾の冤罪を晴らすため、必死に事件の証言者を探す心。そこにようやく新たな証言者が現われた。

しかし、何者かがその証言を阻止しようとする。

第6話のネタバレと視聴者の感想をまとめました。

『テセウスの船』登場人物(出演者)

『テセウスの船』 第6話ネタバレ|ついに真犯人が登場!心の運命は!?

田村心(竹内涼真)にとって、唯一の希望だった父・文吾(鈴木亮平)の無罪を証言者してくれるはずだった、松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

木村さつきが毒殺

さつきの命令により、薬を飲んで倒れた姉の村田藍(貫地谷しほり)。

致死量に至らない程度の毒を自らの飲み、倒れたさつきは、警察に藍が作った毒入りの芋羊羹を食べて、殺されかけたと証言していた。

心は藍から、木村さつきに脅されていたことを聞くと、音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑う。

心は急いで木村さつきが入院している病院へ向かった。

だが木村さつきの元には毒入りのジュースが届き、心が病室に着いた時には、さつきはすでに毒殺されていた。

犯人からの警告

慌てて病室から逃げ出し、家に戻った心。真犯人と思われたさつきが殺され、また推理が振りだしに戻ってしまった。

すると封筒に入った郵便物が届く。封筒の中には、21人の人が倒れているような薄気味悪い絵。

これ以上、音臼小事件を追うなという、犯人からの警告だった。

木村さつき殺害の容疑者

犯人の脅しに負けてられないと思う一方、真犯人の手がかりが無くなってしまったと落ち込む心に、木村みきお(安藤政信)から連絡が入る。

みきおに呼ばれて、由紀(上野樹里)と共にさつきの家へ行くと、部屋の壁には大量に描かれた奇妙な絵。そしてデスクの引き出しには、中身が空の青酸カリの瓶があった。

これらの状況から、みきおは音臼小事件の犯人は、母のさつきで、さつきは共犯者に殺されたのではないかと考えていた。

そして、犯人の唯一の手掛かりは、さつきの病室から、小柄で小太りのメガネをかけた男が逃げるのが目撃されていたことだった。

文吾の証言による新たな手掛かり

何も手がかりが無い心は、みきおから受け取ったさつきの手帳を元に、病室にいた小柄で小太りのメガネをかけた男を、探すことから始めた。

しかし、目撃された男に当てはまる人物が見つからない。

そこに文吾の弁護士から着信。文吾が事件について話をしたいから来て欲しいう連絡だった。

心は文吾から、金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)が、明音が監禁されていた時に、首についていたアザに注目していたと、部下の森刑事から聞いたことを思い出していた。

金丸はどうしてあんな形のアザになるのかを、不思議がっていたというのだ。心は由紀のつてで、森刑事の家を探し出し訪ねることに。森刑事はすでに亡くなっていたが、妻が快く向かい入れてくれた。

そして森刑事の捜査資料を発見。明音の首のアザの写真も見つかったが、金丸が何に引っかかっていたのか分からなかった。

田中正志の殺害

会社に呼び出されてしまった由紀とわかれ、心は引き続き1人で、さつき殺害犯と思われる男を探すことに。

すると訪ねた先で、それは田中正志ではないかという情報を得た心。今から会いに行くと由紀に連絡し、心は正志の住所を聞き家に向かった。

田中正志の家のチャイムを鳴らすが、返答はない。しかしドアが開いていることを不自然に感じた心が部屋に入ると、そこには正志の死体が。

またしても、犯人に先を越されたようだった。するとそこへ警察官が駆け付ける。全ては犯人の策略だった。不審人物として、警察に拘束されてしまった心。

会社にいた由紀は、田中正志が死んだこと。そしてその場にいた男性に事情を聞いている、というニュースを読み、心が警察に捕まってしまったと知る。

由紀は警察に、任意での拘留は違法だとして乗り込み、無事心は釈放された。

犯人からの招待状

釈放され疲れ切っていた心は、由紀に休むように言われ帰宅。するとまた郵便物が届く。発送元は木村さつき。封筒の中身は前回と同様奇妙な絵。

その絵には、音臼小の慰霊碑と思われるものと、”END”と書かれていた。それは真犯人からの、招待状だった。心は届いた絵をみきおに見せると、真犯人に会いにいくことを伝えた。

一緒に行くと言うみきおに、藍のことを考えたらみきおは連れていけないと、一人で行く決心をしていた。

生きて戻れないかもしれないと覚悟を決めた心。

由紀を呼び出し、面白いネタがあると、タイムスリップした男の話をした。それは、これまでに経験した心の話。

心の話に聞き入っていた由紀は、タイムスリップした男は心で、タイムスリップする前に心の妻だった人物は、自分であったことに気づく。

心は左手の指輪を外し、由紀に渡した。指輪の裏には「YUKI to SHIN」の文字。

由紀は心の話が、真実だと知る。由紀は心の話を聞き終わると、「記事にはできません。私の胸に大切にしまっておきます。」と笑顔で言った。

心は明日、事件解決につながる大事な用があると伝える。そして事件が解決したら、会いに行くと由紀に約束した。

「心さん!また会えますよね。」

由紀の問いかけに、笑顔で静かにうなずいた。

真犯人と対峙する心

翌日、心は音臼小の慰霊碑の前にいた。するとそこへみきおが心配して駆けつけてきた。

「犯人が現われたらどうするんですか?殺すんですか?」

みきおの問いかけに心は、「自首させます。一生かけて償わせます。」と答えた。

「それは無理だよ、心先生。」

振り返るとそこには、車いすから立ち上がったみきおの姿があった。みきおは心にぶつかってきた。腹に痛みを感じた心。みきおの手にはナイフが握られている。

「今更音臼小事件の犯人だと名乗り出るなんて無理でしょ。せっかくの歴史に残る完全犯罪やり遂げたのに。」

「なぜ。。」と問いかける心は、31年前のことは覚えてないというみきお。

その時心は、明音の首のアザは、幼いみきおの手の跡だったと気づいた。

心に止めを刺そうと、みきおが襲い掛かった瞬間、遠くからパトカーのサイレンが聞こえて来た。万が一のために、心が警察を呼んでいたのだ。

「無駄だよ。俺が犯人だって証拠は何も無い。」

すると心は、ポケットからICレコーダーを取り出し、会話の内容は全て録音したとみきおを追い詰めようとする。

その時、心のまわりに濃霧が立ち込め、心はまた過去へタイムスリップしてしまった。

目覚めたのは1989年3月10日。事件の2日前。

心が持っていたICレコーダーは、幼いみきおの手元にあった。

『テセウスの船』第6話|視聴者の反応と感想

音臼小事件の犯行を自白したみきお。

しかし当時小学生のみきおに、全ての犯行は可能だったのか?

木村さつき以外で、みきおの共犯は校長ではないかという推測がありました。

みきおの部屋にあった人形が、校長のデスクにあったとは。

視聴者の観察力はスゴイですね。。

タイムスリップしてしまった心。再びチャンスが訪れましたが、果たして事件を止めることは出来るのでしょうか。

そしてみきおの共犯者がいるとしたら、それは誰なのでしょう。