ドラマ

『テセウスの船』第7話あらすじネタバレ|姿を消したみきお、和子の命を狙う

2020年3月1日放送の第7話『テセウスの船』

再び過去にタイムスリップしてしまった心。

文吾の再会との喜ぶ心だったが、そこには木村さつきと幼いみきおがいた。

第7話のネタバレと視聴者の感想をまとめました。

『テセウスの船』登場人物(出演者)

『テセウスの船』 第7話ネタバレ|和子の命を狙うみきお

再び平成元年へ戻った心

田村心(竹内涼真)は、一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップ。

平成元年の、音臼小の校庭で発見された心は、2日間眠り続けていた。

眠りから覚めた心は、みきお少年(柴崎楓雅)による通報で、発見されたことを文吾から知る。音臼小事件まであと二日。心は再会した文吾(鈴木亮平)に、現代で起こったことを全て話し、みきお少年を追うことに。

退院した心は、文吾と共にみきおの居場所を確認するため、音臼小へ向かった。

消えたみきお少年

音臼小の校長・石坂秀夫(笹野高史)によると、みきおは同居していた祖母が亡くなり、急に隣町の施設へ、引越して行ったという。

そこへ、木村さつき(麻生祐未)がやってきた。現代の姿とは違い、優しい教師の姿だった。

心を気遣うさつきに、心は戸惑うが、文吾がすかさず、みきおの引越先の施設についてたずねる。

さつきは、みきおが心配になり、施設を訪ねたそうだが、知り合いの家に行くと言って施設を出たきり、みきおは忽然と姿を消していた。

心と文吾は、お楽しみ会の準備をしている、子供たちに話を聞くため、教室へ向かった。そこで、ひとりの少年が、みきおと電話で話をしたという。

みきおは少年に、「お楽しみ会には行く。みんなに、すっごいお土産持って行く」と言っていた。「お土産って…青酸カリ!?」心と文吾の表情はこわばった。

2人は、みきおが住んでいた家に行くと、なぜか玄関のドアが開いている。手掛かりを探そうと、部屋に乗り込んだ心と文吾。

すると、「心先生へ」と書かれた、フロッピーディスクが見つかる。ディスクをワープロにセットすると、そこには宣戦布告とも思える、心を挑発する文章が書かれていた。「木村さつきが、みきおをかくまっているかもしれない!」

心と文吾がさつきの家を訪ねると、ちょうどさつきが、外出から戻ってきたところだった。

トイレを貸して欲しいとウソをつき、さつきの家に上がることにした2人。文吾がさつきの気を引いている間に、心は家中を捜索したが、みきおはいなかった。

改めて文吾が、みきおの居場所に心当たりはないかと聞くと、さつきは身寄りのないみきおを、養子にしようと考えていることを話した。

すれ違う家族

みきおを見つけられないまま、文吾と共に佐野家へ帰った心。母や兄妹たちは、心の帰宅を心から喜んでいた。

和子のお腹にいる子の名前は「心」と名付けられ、鈴がこのことを、学校帰りに会ったみきおに話していた。心がみきおの様子を聞くと、みきおは鈴から、母のお腹の子の名を「心」と名付けることを知ると、「それ最高!」と笑っていたことを知る。

「家族を守るのは、父親の役目だ」と、ひとりでみきおを探しに行こうとする文吾。

一緒に行こうとした心は、とっさに現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が、心中したことを明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、お楽しみ会を中止してもらおうと、直談判しに行くが、村の人間に相手にされない。

「脅迫状が届いた」と、会を中止にしようと、とっさにウソをついた文吾。だが、いたずらじゃないかと、村人たちは全く聞く耳を持たない。

文吾はそんな村人たちの態度に怒り、乱闘騒ぎを起こしてしまう。

騒動を知った和子。文吾が何か隠し事をしているのではと問い詰めるが、何も語ろうとしない文吾に、和子は愛想をつかし、2人の間に溝が出来てしまう。

このままでは、事件の前に、家族がバラバラになってしまう。心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

田中義男の殺害

その頃、みきおは田中義男(仲本工事)の家にいた。目の不自由な義男に、常備薬と言って、薬を手渡すみきお。

翌朝、駐在所に電話が入る。それはみきおから、田中義男の死を知らせるものだった。

急いで田中家へ向かった文吾と心。すでに田中義男は亡くなっていた。

遺体のそばには、ワープロで書かれた手紙。心はワープロがあった、みきおが住んでいた家に向かうが、みきおの姿はない。

「今まで残していたのは絵だったのに、今回はワープロの文字。みきおの狙いは何なんだ。。。」

和子の命を狙うみきお

その時、心は鈴が話していたみきおの様子を思い出した。

「みきおは和子のお腹の子が俺だと知っている。。。狙っているのは、母さんの命!?」

文吾は田中家、そしてワープロの手紙を見た心は、ワープロのあるみきおの家にいる…。

計画を邪魔する心を消すため、みきおは和子の命を狙っていると気づいた心は、急いで佐野家へ戻る。しかしみきおは、すでに和子の元にいた。

佐野家へ戻った心。そこには、いつもと変わらぬ様子で、和子と兄弟たちがいた。

和子によると、みきおは自分が作った手作りのスープを持ってきて、和子に味見して欲しいと言ってきたが、そこへ鈴たちが帰ってきたので、「やっぱりいいや」と急に帰ってしまったとのことだった。

みきおの行方を探す、心と文吾。1日中探すが見つからない。

その様子を、みきおは遠くから眺めていた。

深まる家族の絆

このままじゃ、みきおは必ずお楽しみ会に現れる。

心は和子にも、真実を話すしかないと文吾に告げた。

しかし、それを知った和子は、家族で村を出ようとするに違いない。

事件を知っていて、子供たちを置いて、自分だけ村を離れるわけにはいかないという文吾。

すると文吾は、急いで家に戻った。夕食の準備をしていた和子たちに、空のかばんを差し出した。

「これに荷物をつめて、3人で今から村を出ろ」しかし理由も分からない和子たちは猛反対。子供たちもお楽しみ会に出るんだと、文吾の言う事は聞こうとしない。

黙って言う事を聞けと一方的な文吾に、家族は大喧嘩。

「せっかく仲の良い家族なんだから、止めてください!」

喧嘩を止めに入った心は、自分の家族がバラバラになった話をする。

「家族一緒に笑っていられるって、すごく幸せなことなんです。」

心の話を聞いていた文吾は、和子たちに頭を下げた。

「皆、すまん。無茶言ってることは、十分分かってる。今回だけは俺の言う事を聞いてくれないか?しばらくの間、この村を出ていてくれ、頼む!」

文吾の必死な様子を見た和子は、文吾の申し出を受け入れる事にした。

「鈴、慎吾。お父さんの言う通りにしよう。お楽しみ会はまた来年もあるから。」

家族の様子に安心した心。

「佐野家だけのお楽しみ会をやるっていうのはどお?」

再び佐野家は明るい家族に戻り、つかの間の時間を過ごした。夕食を終えると、和子は庭にタイムカプセルを埋めようと提案。そのカプセルは、30年後に開けられる。

心は由紀からの指輪と、手書きの家系図を記し、カプセルに入れることに。

事件当日

「何を抱えているのか分からないけど、お父さんのことお願いね。」

翌朝、和子は心に文吾を託し、子供たちを連れて村を出て行った。

和子と兄弟を送り出した心と文吾。お楽しみ会の事件を防ぐため、小学校へ向かった。

「絶対に事件を止める!何が何でも、みきおを探すんだ!」

学校中、みきおを探す2人。子供たちが登校する時間になってしまった。

すると放送室からみきおの声。

「いよいよ待ちに待ったお楽しみ会です。さあ皆で楽しみましょう!」

すでにみきおは小学校に来ていた。放送室へ向かうと、そこにはみきおの姿があった。

『テセウスの船』第7話|視聴者の反応と感想

前回放送された第7話の予告で、みきお少年は共犯と思われる人物に話しかけていましたが、放送されませんでしたね。

カットされたのでしょうか。いずれにしても、みきお少年の単独犯ではなさそうです。

大人になったみきおが、少年のみきおの共犯だという説も多かったようです。

そもそもの目的が分からない、音臼小事件。

みきおの共犯は誰なのか?ストーリー展開とともに、ますます犯人が分からなくなりますね。