ドラマ

『テセウスの船』第9話あらすじネタバレ|文吾が狙われた理由とは?新たに仕掛けられた犯人の策略

2020年3月15日放送の第9話『テセウスの船』

みきおは共犯者によって手に掛けれれ、文吾が行方不明となってしまう。

そこへ届いたのは、心が捨てたはずの未来ノート。

そこに書かれていた、衝撃の真実とは。

第9話のネタバレと視聴者の感想をまとめました。

『テセウスの船』登場人物(出演者)

『テセウスの船』 第9話ネタバレ|衝撃の展開!ついに文吾が逮捕される

重体のみきおを残し、行方不明となった文吾

田村心(竹内涼真)は、父・文吾(鈴木亮平)が残した手掛かりを元に、犯人に呼び出された住所へ向かうと、そこには意識不明で重体の、加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

「みきおを狙ったと見せかけるため、父さんを呼び出した!?」

連絡が取れず、行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は、殺人未遂容疑で家宅捜索するために、佐野家を訪れる。

令状もないまま、家宅捜索なんて許されないと、身重ながらも抵抗する和子(榮倉奈々)を突き飛ばし、馬淵は強制的に家を捜索した。

拉致されていた文吾

翌朝、文吾の消息が掴めないまま、佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。

「この度はご迷惑をお掛けして申し訳ございません。」

追い詰められた母・和子は、集まった記者たちに、頭を下げた。

そして和子は続けた。

「佐野文吾は、自分が正しくないと思う事は、絶対にしません。それは妻として断言でききます。なぜなら優しく誇り高い人だからです。私たち家族は彼を信じています。」

テレビで報道されていた和子の様子を、拉致された文吾は目隠し越しに聞いていた。

「おい!犯人!聞いてるか!俺の嫁さんはお前の思い通りにはいかねえぞ!」

和子の気丈な言葉に、励まされる文吾だったが、また何者かによってスタンガンで失神させられる。

戻ってきたスクラップブック

音臼小事件を阻止しても、父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまった。

なんとしても、文吾に殺人犯の罪を着せ、死刑に追い込もうとする、真犯人の執念深さを感じる心。

成すすべもなく、駐在所に戻った心。すると机に、心が捨てたはずの未来の出来事を記録した、スクラップブックが置いてあり、ノートには、犯人からのメッセージと思われる、12年前の音臼村祭りのチラシが、はさんであった。

12年前に起こった事件

音臼村祭りについて、情報を聞きに音臼小の校長・石坂秀夫(笹野高史)に会いに行った心。

祭りはこの年に起こったある事件以来、催されていないという。

その事件について聞き出そうとする心に、石坂校長は「心さんあんたは何者なんだ?」と問いかける。

心が熱くなるところは、文吾だとそっくりという石坂。

石坂は心の素性に疑問を感じていたが、心はウソをつくような人ではないと、文吾を助けてあげて欲しいと言った。

そして12年前に起こった事件。それは食中毒事件だった。

亡くなったのは、徳本卓也(今野浩喜)の母親だった。

戻ってきた文吾

犯人に解放され、山に放置された文吾は、無事家族の元へ戻った。

文吾の帰宅を喜ぶ家族。そこへ、徳本と井沢健次(六平直政)がやってきて、佐野家を励まそうと、猪鍋を振る舞うと誘ってきた。

2人は佐野家の人々を心配していたようだ。

家族を残し、警察署へ事情を説明しに向かった文吾。

監禁されていたことを話すが、対面的に一晩は留置場で過ごすように告げられた文吾は、素直に従うことにする。

犯人の策略で逮捕される文吾

釈放された文吾を迎えにいった和子。

2人は再会を喜び、鈴と慎吾が待つ家へ戻っていた。

佐野家の人々が留守になった家で、心は文吾逮捕の決定的な証拠が、家で見つかった青酸カリであることから、すでに犯人が佐野家に、青酸カリを隠したのではないかと、家中を探し回っていた。

しかしどこを探しても、見つからない。どうやら犯人によって、家に隠されてはいないようだ。

その頃、村のはずれに2つに折られたフロッピーディスクが見つかる。

ディスクには駐在日誌と書かれた文字。馬淵は文吾の駐在所へ押しかけた。

「佐野が使っていたワープロはどこだ!!」

何のことか分からず、動揺する心をよそに、馬淵は駐在所にあったワープロを起動すると、みきおのワープロに書かれていたはずの文書が、全て保存されていた。

そして最後に、「青酸カリは裏庭へ埋めた」との書き込み。

馬淵は急いで裏庭へ向かうと、何かを埋めた跡が見える。そこを掘り出すと青酸カリの瓶が出てきた。

その時、ちょうど文吾と和子が戻ってきた。帰宅を出迎えた子供たちん、喜ぶ文吾だったが、そこへ警察官が押し寄せる。

文吾は一連の事件の容疑者として逮捕されてしまった。

犯人の狙いは、これまで起こった一連の事件を、すべて文吾になすりつけることだったのだ。

『テセウスの船』第9話|視聴者の反応と感想

これだけ警戒していたにも関わらず、まんまと文吾が犯人に仕立て上げられてしまいました。

裏庭に青酸カリを埋めるタイミングは、やはり佐野家の人々を、鍋に誘った徳本と井沢が怪しいということから、村人全員グルではないか?という考察が多いようです。

一方で、みきおが好意を持っていた鈴の犯人説も浮上。

もし鈴が犯人だとしても、動機が分かりませんよね。父をこれほどまでに、陥れようとするのだとしたら、相当な恨みだと思いますが。

いよいよ残り1話。ギリギリまで、犯人が分からない構成にハラハラドキドキ(たまにイライラ)している視聴者が多い様子。

次週は25分拡大版で放送される予定ですが、誰もが納得するラストを期待しましょう。