映画

『午後のロードショー』2020年3月は48時間2本立て!007・沈黙シリーズも!

テレビ東京にて、毎週月曜日~金曜日13時35から放送される『午後のロードショー』。

2020年3月の放送内容を一挙ご紹介します。

午後のひととき、ティータイムのお供として、是非名作をお楽しみください。

※監督・出演者の名前をクリックすると、eiga.comのサイトにリンクします。その他は、情報に応じてWikipediaへリンクしています。

目 次

午後のロードショー|2020年3月の放送内容一覧

2020年3月2日(月)『沈黙の要塞』(1994年 アメリカ)


監督/制作:スティーブン・セガール
出演:スティーブン・セガールマイケル・ケイン

アラスカにある、巨大石油会社の消火技師、フォレスト(スティーブン・セガール)は、会社とイヌイット族との、石油採掘権を巡る争いに巻き込まれ重傷を負う。

イヌイットに助けられた彼は、巨大石油採掘プラットホームを舞台に、冷酷な石油会社社長(マイケル・ケイン)に戦いを挑んでいく。

2020年3月3日(火)『ヒットマン』(2007年 アメリカ)


監督:ザビエ・ジャン
出演:ティモシー・オリファントダグレイ・スコット

世界中のファンに支持されるビデオゲーム・シリーズ「ヒットマン」を、フランスの新鋭ザヴィエ・ジャン監督で映画化した、ダークなバイオレンス・アクション。

国外追放された僧侶たちが作った闇の組織により、完全無欠の暗殺者に仕立て上げられたプロの殺し屋、通称:エージェント47(ティモシー・オリファント)。

組織No.1の腕前の”47″は、優雅なスタイルと確かなテクニックで、淡々と殺しを重ねていたある日、ロシア人の売春婦ニカ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。

ニカの殺害命令を受けていた47だったが、ニカに惹かれいった47は、殺害命令を中止し、彼女を守ることが最大の目的となっていく。

2020年3月4日(水)『48時間』(1982年 アメリカ)

監督:ウォルター・ヒル
出演:ニック・ノルティエディ・マーフィ

強盗殺人で服役中のアルバート・ギャンズは、屋外での刑務作業中に、仲間の助けを得て脱走した。

犯人に相棒を殺された刑事ジャック(ニック・ノルティ)は、彼らとつながりのある、服役中の黒人レジー(エディ・マーフィー)に捜査協力を求める。

48時間の仮釈放という条件で、レジーはジャックと共に、凶悪犯の追跡に当たることに。しかし、一筋縄ではいかないレジーの取り扱いに、頭を悩ませるレジー。

果たして2人は、ギャンズを捕えることができるのか!?

2020年3月5日(木)『チャーリーズ・エンジェル』(2000年 アメリカ)


監督:マックG
出演:キャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リュー

70年代後半に人気を誇ったTVシリーズのリメイク作品。

姿を見せないボス、チャーリーの探偵事務所で働くのは、ディラン(ドリュー・バリモア)、ナタリー(キャメロン・ディアス)、アレックス(ルーシー・リュー)の才色兼備の美女3人。

今回、彼女たちに下された指令は、誘拐されたノックス・テクノロジー社の創立者エリック・ノックスを救出するというもの。

彼が開発中の“音声認識ソフト”が悪用されたら、世界中が大混乱。エンジェルたちは、ノックスのライバルである巨大企業オーナー・コーウィンが犯人と見て、危険な潜入捜査を決行。

しかしそこには、大きな罠が仕掛けられていた。

2020年3月6日(金)『007/ユア・アイズ・オンリー #12』(1981年 イギリス)


監督:ジョン・グレン
出演:ロジャー・ムーアキャロル・ブーケ

『007シリーズ』第12作目。

ギリシャ沖で英監視船が遭難。船には東西均衡のバランスをも崩しかねない、ミサイル誘導装置”ATAC”が積載されていた。

政府の指令により、船の引き上げの作業に関わっていた海洋考古学者・ハブロック博士が、何者かに殺害される。

MI6は事件の真相究明のため、ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)に出動の命を下す。

2020年3月9日(月)『沈黙の聖戦』(2003年 アメリカ)


監督:チン・シウトン
出演:スティーブン・セガールバイロン・マン

元CIA工作員ジェイク・ホッパー(スティーヴン・セガール)は、妻を亡くし、娘と二人で暮らしていた。

ある日、娘のジェシカと、上院議員の娘・サラを含む旅行中の少女たちを、タイのテロ組織が誘拐。米政府に仲間の釈放を求めてきた。

娘が誘拐されたことを知ったジェイクは、自らの手で救い出すことを決意し、単独でタイへ向かう。

2020年3月10日(火)『アイガー・サンクション』(1975年 アメリカ)


監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッドジョージ・ケネディ

トレヴェニアンの同題小説を、クリント・イーストウッドが監督・主演で映画化した本格的な山岳スパイ・アクション。

かつて諜報機関で凄腕の殺し屋だった、大学の美術教授ジョナサン・ヘムロック(クリント・イーストウッド)。

ある日、諜報員のポープから連絡が入り、2人の男の暗殺の依頼が入る。殺しに嫌気が差していたヘムロックは、依頼を断ろうとするが、弱みを握られ仕方なく暗殺を引き受けることに。

任務を成功させたヘムロックだったが、更に暗殺指令が入り、標的が参加するアイガー国際登山隊に加わることになったのだが…。

2020年3月11日(水)『48時間PART2/帰って来たふたり』(1990年 アメリカ)


監督:ウォルター・ヒル
出演:ニック・ノルティエディ・マーフィ

ニック・ノルティ、エディ・マーフィによる刑事アクション「48時間」の続編。

はみだし物の刑事ジャック(ニック・ノルティ)と、7年の務めを終えて出所した、レジー(エディ・マーフィー)は、暗黒街の陰に君臨する麻薬組織のボス、“アイスマン”を追うため、再びコンビを組むことに。

相変わらず反発しあう凸凹コンビは、今回も犯人を捕らえるべく暴れまくる!

2020年3月12日(木)『激突!』(1971年 アメリカ)


監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:デニス・ウィーバージャクリーン・スコット

無名時代のスティーヴン・スピルバーグが演出し、その名が知れ渡るきっかけになった作品。

セールスマンのデイヴィッド・マン(デニス・ウィーバー)は、商談のため車でカリフォルニアへ向かう途中、荒野のハイウェイで1台の大型タンク・ローリーを追い越す。

しかしそれをきっかけに、大型タンク・ローリーは、執拗にデイヴィッドの車を追ってくる。果たしてデイヴィッドの運命は…。

追跡される恐怖を、スリリングに描いたサスペンス。

作品では、主人公の車や電話ボックスのガラスに、スピルバーグの姿が映っているところにも注目!

2020年3月13日(金)『007/オクトパシー #13』(1983年 イギリス)


監督:ジョン・グレン
出演:ロジャー・ムーアモード・アダムス

『007シリーズ』第13作目。

宝石の密輸事件を追っていたジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、美人実業家、オクトパシー(モード・アダムス)と出会う。

彼女はよりすぐった美女からなる、私設のボディガードを所有していた。

そして彼女を利用し、NATOの軍事施設破壊をもくろむ、インドの王族カーンの存在が明らかになっていく……。

2020年3月16日(月)『ザ・ディープ』(1977年 アメリカ/イギリス)


監督:ピーター・イエーツ
出演:ロバート・ショウジャクリーン・ビセット

バミューダ諸島へハネムーンにやってきたデヴィッド(ロバート・ショウ)とゲイル(ジャクリーン・ビセット)。

2人はスキューバダイビング中、海底で偶然2隻の沈没船を発見。そこにあった、スペイン銀貨と、黄色い液体の入ったガラスのアンプルを持ち帰る。

スペイン銀貨について調べるうち、2人は沈没船に隠された秘密をめぐる争いに巻き込まれていく。

2020年3月17日(火)『スパイ・レジェンド』(2014年 アメリカ)


監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナンオルガ・キュリレンコ

CIAの敏腕エージェントとして活躍していた、ピーター・デベロー(ピアース・ブロスナン)は、スイスで静かに引退生活を送っていた。

ある日、かつての仲間たちが、何者かに殺害されてて、過去に愛した元同僚のナタリアの命も、危険に晒されていることを知ったピーターは、彼らを守ろるため動きだす。

しかしナタリアも、ピーターの目の前で無残にも殺されてしまう。

犯人を追ううち、犯人が自ら教育してきた現役エージェントであることを知ったッピーター。

彼と壮絶な戦闘を続けながら、事件の全体像をつかもうとするピーター。やがて彼は、ロシア大統領選をめぐる陰謀の存在にたどり着く。

2020年3月18日(水)『ハード・ターゲット』(1993年 アメリカ)


監督:ジョン・ウー
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダムランス・ヘンリクセン

弁護士のナターシャは、音信不通の父を探しに、単身ニューオリンズを訪れる。
父はリストラされ、アパートの家賃を滞納したまま失踪していた。

父を探しに行ったスラム街で、チンピラに絡まれてしまったナターシャは、
元軍人のチャンス・ブードロー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)に助けられる。

ナターシャは、父親捜しに危険が伴うと感じ、求職中のチャンスをボディーガードとして雇うことに。

数日後、ナターシャの父の遺体が発見され、何者かに殺害されたことが判明。
確信に迫る2人に危険が迫っていた。

2020年3月19日(木)『007/美しき獲物たち #14』(1985年 イギリス)


監督:ジョン・グレン
出演:ロジャー・ムーア
クリストファー・ウォーケン

ソ連国内で、アメリカ製のICチップを持ち出した003が雪原で遭難。ソ連軍に追われながらも、遺体からチップを回収する任務を成功させたジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)。

チップはEMPに耐えるもので、何やら秘密がありそうだ。製造元のゾーリン産業が怪しいとにらんだ英国情報部は、ボンドにゾーリンの内偵を命じる。

ボンドはチップの製造元であるゾーリン社に潜入。社長のマックス・ゾーリン(クリストファー・ウォーケン)が所有する、競走馬にを調査するうち、ボンドはゾーリンの、とんでもない企みを知る。

真相を追求しようとするボンド。しかし、恐るべき腕をもった女殺し屋が現れ、ボンドを阻止しようとする。

果たしてボンドは、ゾーリンの計画を阻止することができるのか!?

2020年3月23日(月)『ウォルター少年と、夏の休日』(2003年 アメリカ)


監督:ティム・マッキャンリーズ
出演:ハーレイ・ジョエル・オスメントロバート・デュバル

少年と老人2人の、心温まる交流が綴られるヒューマンドラマ。

14歳のウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、だらしない母親メイの勝手な都合で、大伯父である、ハブとガースたちの家に預けられることになった。

大伯父たちは、莫大な資産を持っているという話を耳にした母は、あわよくば、子供も相続人もいない2人が、ウォルターを気に入って、遺産を遺してくれることを期待していたのだ。

強欲な母親に嫌気が差しながらも、仕方なく大伯父たちの家にとどまることになったウォルターは、2人の若き日の冒険と、ハブの情熱的な恋について話しを聞くことになるのだが…。

2020年3月24日(火)『ダンテズ・ピーク』(1997年 アメリカ)


監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナンリンダ・ハミルトン

地質学者のハリー(ピアース・ブロスナン)は、「死火山“ダンテズ・ピーク”で奇妙な記録が観測された」と連絡を受け、調査しにやって来た。

調査の末、地殻変動の兆候を発見したハリーは、仲間の研究者たちに知らせるが、信じてもらえない。

仕方なく、ハリーは市長のレイチェル(リンダ・ハミルトン)のもとを訪れ、ハリーとレイチェルは、調査に乗り出すが、調べるほどに異常な状態が明らかになってくる。

レイチェルの提案で住民に避難を勧告するハリー。その矢先、ついに大地震が起こってしまった。しかしそれは、大噴火の前触れにすぎなかった。

2020年3月25日(水)『デッド・フォール』(1989年 アメリカ)


監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演:シルベスター・スタローンカート・ラッセル

ロサンゼルス市警察で、市警No.1を競うライバル同士である、レイモンド・タンゴ(シルベスター・スタローン)と、ガブリエル・キャッシュ(カート・ラッセル)。

レイモンドは、スリーピース・スーツでスマートに、ガブリエルは、強行突破も辞さないファンキーそのもののカジュアルスタイルで、服装も捜査の手法も正反対。

そんなタンゴとキャッシュを邪魔に思っている、犯罪組織のボスのイブ・ペレは、2人を押収品を横流しする悪徳刑事、FBI捜査官殺しに仕立てる罠を仕掛けた。

ペレの策略により、投獄されてしまったタンゴとキャッシュ。冤罪であることを知った刑務所長の助けによって、2人は脱獄。

マスコミの追及を抑えておけるのは24時間だけだと、上司から与えられた猶予期間内に無実を晴らすべく、協力して組織に立ち向かっていく。

2020年3月26日(木)『フライト・ゲーム』(2014年 アメリカ/フランス)


監督:ジャウマ・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソンジュリアン・ムーア

航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)は、一般客を装い、ニューヨーク発ロンドン行きの便に乗り込み、いつも通り任務を開始した。

飛行機が大西洋上空に到達した頃、マークスの携帯電話に、差出人不明のメールが入る。そのメールには「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺害する。」という恐ろしい内容だった。

ただのイタズラとは思えない内容に、不安を感じたマークスは、独自に捜査を開始。しかし、彼をあざ笑うかのように、次々と犠牲者が出てしまう。

なぜか指定された口座の名義人は、マークスとなっていて、味方であるはずの国土安全保障省や乗務員、乗客からも、彼が犯人なのではないかという疑いをかけられてしまう。

孤立無援となってしまったマークスは、姿の見えない凶悪犯と戦うことを決意する。

2020年3月27日(金)『007/リビング・デイライツ #15』(1987年 イギリス)


監督:ジョン・グレン
出演:ティモシー・ダルトンマリアム・ダボ

ソ連の重要人物であるコスコフ将軍から、亡命の協力依頼が英国情報部に入った。しかもジェームズ・ボンド(ティモシー・ダルトン)を名指しで指名。

早速ボンドは、任務のため現地へ潜入。なんとか西側のオーストリアへの亡命に成功する。

コスコフの証言により、プーシキンが「スパイに死を」の合言葉の下、英米のスパイの抹殺を企んでいることを知ったMたち。その直後、殺し屋ネクロスに、コスコフ将軍は奪還されてしまう。

2020年3月30日(月)『紀元前1万年』(2008年 アメリカ/ニュージーランド)


監督:ローランド・エメリッヒ
出演:スティーブン・ストレイトカミーラ・ベル

紀元前1万年の世界。マンモスを狩るヤガル族は、マンモスを”マナク”と呼んでいた。ある日、彼らの村に、青い目の少女が運び込まれる。

村の巫女は、「マナクが来る最後の日に、マナクを倒した者が、エバレットと名づけられたその少女と結ばれ、ヤガル族の未来が安泰となる」と予言した。

数年後、ついにマナクの大群が村に押し寄せ、村の若者デレー(スティーブン・ストレイト)は、偶然から最も巨大なマナクを倒すことに成功。エバレットを妻にすることを許される。

しかしデレーは「自分には本当の勇気がない」と素直に喜べなかった。その夜、「4本足の悪魔」と呼ばれる異民族が村を襲い、エバレットや村人を連れ去ってしまう。

デレーを中心としたヤガル族の若者たちは、仲間を取り戻すため、異民族を追う旅に出る決意をした。しかしその行く手には様々な困難が立ちはだかる。

2020年3月31日(火)『ファイナル・デスティネーション』(2000年 アメリカ)


監督:ジェームズ・ウォン
出演:デボン・サワアリ・ラーター

パリへ修学旅行に向かうため、飛行機に乗り込んだ高校生のアレックス・ブラウニング(デボン・サワ)。

搭乗して早々に居眠りをし、飛行機が大爆発する夢を見て大騒ぎしたアレックスは、騒ぎを起こしたとして、離陸前に飛行機を降ろされてしまう。

アレックスの巻き添えで、一緒に飛行機から降ろされてしまった友人や教師たち。恨めしい気持ちで離陸した飛行機を眺めていると、飛び立った飛行機は空中で大爆発。

運良く生き残ったかに思われたアレックスたちだったが、その事故をきっかけに、彼らに再び死の恐怖が襲ってくる。

友人達が、次々と死に見舞われる中、その法則性に気づいたアレックスたちは、運命に逆らおうと奮闘する。彼らは死の運命から、逃れることはできるのか。