ドラマ

『鎌倉殿の13人』三谷幸喜脚本で小栗旬主演!出演者とあらすじは?

『麒麟がくる』の放送前に、2022年のNHK大河ドラマが発表されました。

主演は小栗旬。NHK大河には初出演となります。

そして、脚本は三谷幸喜。『新選組(2004)』『真田丸(2016)』に続く3作目。

ドラマの詳細はまだ発表されていませんが、現段階で分かっている情報をまとめてみました。

『鎌倉殿の13人』三谷幸喜脚本、豪華主演者に期待!

現時点では、主演の小栗旬以外の出演者情報はありませんでした。

小栗旬は大河ドラマ初主演。過去7回の出演実績があるせいか、初主演が意外にも感じる方もいるのではないでしょうか。

役者たちが「ノーギャラでもいいから出演したい」と志願するほど人気の三谷幸喜作品。

豪華俳優陣の出演は間違いないでしょう。

情報が入り次第、随時更新していきたいと思います!

『鎌倉殿の13人』主人公はダークヒーロー?気になるあらすじは?

主人公は北条義時。鎌倉幕府2代目将軍、源頼家を支えた家臣13人のうち一人で、源頼朝の妻・北条政子の弟にあたる人物です。

平安末期から鎌倉初期を、北条義時が知略と謀略で生き抜き、鎌倉幕府の最高権力である、第2代執権者となるまでを描くようです。

三谷幸喜氏は会見で、漫画「サザエさん」を例に、あらすじについて、次のように解説しています。

マスオ(源頼朝)の死後に、サザエ(政子)カツオ(義時)が手を組んで、波平(初代執権・時政)を磯野家から追い出す。しかも義時はタラちゃん(3代将軍・源実朝)を滅ぼしてしまう。

フグ田(源)家が滅亡して、磯野(北条)家の鎌倉時代ができる。

ユニークな解説は、さすがですね。

「ダークな男のダークな人生を明るく楽しく描いていく」と語った三谷氏。

世に広く知れ渡っていない人物である、ダークヒーロー・北条義時が、武士の頂点に上り詰めていく様子をどのように描いていくのか。

三谷作品のファンにとって、2年後が待ち遠しくなりますね。

『鎌倉殿の13人』小栗旬を起用の理由とは

大河ドラマでは、不祥事が続いているNHK。

『いだてん』に出演していた、チュートリアル・徳井義実が、巨額所得隠し問題で活動自粛し、ドラマは大河史上、最低視聴率を記録。

そして『麒麟がくる』では、沢尻エリカの逮捕劇で、再撮にかかった費用が3億円以上。

『鎌倉殿の13人』の発表で、監督の三谷幸喜が、

「オファーを受ける俳優さんに言いたい。もし『俺、ちょっとやばいかな』とか、『すねに傷を持っている』と思っている人がいたら、ぜひ断ってください」

と、ジョークで笑わせる場面があったようですが、これはNHKの本音でもあるでしょう。

そこで起用された小栗旬。若い頃は、プレイボーイなイメージがあったものの、現在では家庭を持ち、良き父親のイメージへ、シフトチェンジされてきています。

2019年放送の「ボクらの時代」で、「薬物中毒者の役をやるからと言って、ドラッグをやるのは違う」と、演技に薬物は必要ないと話していたことや、役者仲間と、演技論を熱く語るところからも、スキャンダルを起こす可能性はないと、NHKはみているようです。

ファンを悲しませないためにも、これ以上の不祥事が続かないことを、祈るばかりです。