俳優

磯村勇斗|演技力の振り幅と肩幅がすごい!静岡が生んだカメレオン俳優の経歴を紹介

『2020年ネクストブレイクランキング』で、男優部門の第1位に選ばれた、磯村勇斗さん

好青年からヤンキー、わがままな同性愛者を演じたかと思えば、コミカルな役までこなす、まさに新世代のカメレオン俳優です。

地元愛の強さから、支持者も多い磯村勇斗さんの魅力を、まとめてみました。

磯村勇斗|プロフィール「役者を目指したきっかけは自主制作映画」

生年月日:1992年9月11日

出身地:静岡県沼津市

身 長:176cm

血液型:A型

出身高校:静岡県立沼津西高等学校

出身大学:桜美林大学(2年で中退)

事務所:BLUE LABEL

好きな俳優:松田優作

趣 味:サウナ

特 技:料理

磯村勇斗さんが、芝居に興味を持ち始めたのは、中学2年生の頃。

スイスから来た学生との交流行事で、彼らと一緒に「沼津の少女ハイジ」というタイトルで、「アルプスの少女ハイジ」のパロディ短編映画の制作がきっかけだそう。

髪の毛をピンで留めて、スカートを履き、自らハイジ役も演じたとか。


全校生徒から評価をもらったことで、「こういう幸せな仕事が将来できたらいいな」と、思い始めます。

東京での活動を希望しますが、ご両親が反対。仕方なく高校へ進学してから、地元・沼津の劇団に入り、演技を学ぶことに。

インターネットで“沼津”“劇団”と入れて、最初にヒットした劇団に「お芝居をしたいので、教えていただけますか?」と電話をして入団。

しかしそこは、10人程度の小劇団で、年齢も50~70代と年齢層が高く、若者は磯村さんだけでした。

そこで1年ほど演技を学ぶと、ギャラを貰いながら、舞台での芝居をするようになり、重みも感じたが、良い経験だったと語っています。


高校を卒業後は、プロダクションや劇団に入りたかった磯村さんですが、ご両親が猛反対。

結局「芝居ができる大学に行く」ということで落ち着き、桜美林大学に進学しますが、「もっと外の世界を見たい」という想いから、2年で中退

その後、小劇場を転々としながら、アルバイトでお金の工面。当時は「早くなんとかしたい」と反骨精神に溢れ、芸能事務所に所属するために、渋谷や原宿を無意味に歩いて「スカウト待ちをしていたそう。

しかしなかなかスカウトされないことで、「僕はビジュアルとかオーラがないんだ。原石じゃないな」と思い、「芝居でこつこつと頑張っていこう」と小劇団に入団。

そこでの演技を現在の事務所の担当者が見たことがきっかけで、ようやく芸能事務所へ所属できることになったようです。

彼をスカウトできなかった芸能事務所は、今頃後悔しているでしょうね。

磯村勇斗|『仮面ライダーゴースト』のアラン役で知名度が急上昇

2014年に芸能事務所に所属してから、わずか1年で、磯村さんは『仮面ライダーゴースト』のアラン役に抜擢され、子供たちの人気者に。

仮面ライダー出身の俳優といえば、菅田将暉や竹内涼真など、若手実力派俳優のトップを輩出することで有名。

デビューして1年でその仲間入りを果たせたのは、劇団で下積みした努力の結果ですね。

磯村勇斗|NHK朝ドラ『ひよっこ』に出演で知名度は全国区に

2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)に思いを寄せ、後に結婚相手となる、「すずふり亭」の見習いコック、前田秀俊(ヒデ)役を演じました。

当初、演技に支障が出ないよう、磯村さんはヒロインの結婚相手になるとは、知らされていなかったそう。

クランクイン前の3ヵ月前から、プロのシェフに指導を受け、料理シーンは全て吹き替えなしで演じています。

調理場でのアルバイト経験があり、料理も好きだという磯村さん。より料理の腕が、上がったでしょうね。

磯村勇斗|2018年ドラマ『今日から俺は!!』で相良猛を怪演

2018年10月放送のドラマ『今日から俺は!!』で、極悪非道のヒール役・相良猛を熱演

ひよっこでの好青年役から、180度違うキャラクターを演じる事は、俳優としての振り幅を見せるチャンス、という意識と、原作を読んだときから、いちばん好きなキャラクターだったのもあり、迷いなく演じられたとか。


相良の役がぴったりハマってしまった磯村さん。三橋(賀来賢人)、伊藤(伊藤健太郎)が好きな熱烈なファンから、「俳優を辞めてほしい」「テレビに出ないでほしい」「芸能界から消えてくれ」と、かなり辛辣な言葉があったようです。

このドラマで、磯村さんは第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」にて「新人賞」を受賞しました。

ビジュアルからも、ひよっこを見ていた視聴者が驚いたのも納得ですね。カメレオン俳優の一面が、開花した瞬間だった気もします。

磯村勇斗|ドラマ『きょう何食べた?』でジルベール役を好演

2019年4月放送のドラマ『きょう何食べた?』でジルベールこと、井上航を好演し、更に演技の幅広さを見せました。

極悪非道なヤンキーからの転身、本当に演技の振り幅が広いですよね。

彼が来ているTシャツが、いつも可愛くて気になってました。

ちなみにジルベールの髭は、付け髭だとか。本人曰く、髭をあそこまで伸ばせなかったそう。確かに微妙な長さですもんね。

磯村勇斗|チャームポイントは肩幅の広さ?

肩幅が広いことをイジられるという、磯村さん。

朝ドラ『ひよっこ』で、磯村さん演じるヒデが「大丈夫、こう見えて結構肩幅あるから」というヒデのセリフが、視聴者の反響を呼び、とある番組出演時に、肩幅を測るシーンも。

どうやら、磯村さんの身長だと平均肩幅は40cm程度ということなので、やはり広い方なんですね。


写真を見ても、小顔ということもあり、肩幅の広さが強調されています。男性ですから、無いよりは、あった方が絶対いいですよね。

筋トレもしているようで、細マッチョな体系もかっこいいです。

「俳優は自由な職業だから、進化していないといけない。これから出会う作品や役ごとに、変貌していける俳優であり続けたい。」と語っている磯村さん。

今度はどんな演技を見せてくれるのか、とても楽しみな俳優の一人ですね。