アーティスト

氷川きよし | ビジュアル系のジェンダーレスな姿がインスタで話題!アニメ主題歌やCMでも大活躍!

美しいビジュアルと、女性的な雰囲気で話題の、氷川きよし

かつて演歌界の貴公子と呼ばれていた頃から、すっかりイメージが変わりましたよね。

2019年の第70回NHK紅白歌合戦では、「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」を披露し、ロック歌手さながら、圧倒的な歌声と、オーラで魅了された人も多いのではないでしょうか?

デビュー20周年を迎え、演歌の枠を超えた、新生「氷川きよし」を紹介していきます。

氷川きよし | 演歌界のプリンスは下積み経験ありの苦労人だった!

23歳でデビューしてから、一気に演歌界でスターダムにのし上がった、氷川きよし

彼は、意外にも下積みを経験した苦労人だったようです。

若くして上京したため、デビューまでの約3年間は貧乏で、アルバイトを掛け持しながら生活費を稼ぎ、その合間で歌の練習をしていたようです。

若くして、演歌歌手を目指すのは難しいと言われていた時代。

夢を諦めず、努力を続ける姿は、素敵ですね♪

そして、2000年演歌歌手として「箱根八里の半次郎」でデビュー

日本レコード大賞を初め、音楽賞・最優秀新人賞を総なめにしました。

こうして、演歌を知らない年代にも知られるほど、演歌界のプリンスとして、スターへの階段を順調に歩んでいきます。

プリンスと言われるのも納得のイケメンです♪

氷川きよし | 演歌のプリンスからビジュアル系ロック歌手へ!イメチェンのきっかけは?

演歌歌手として活躍している氷川きよし。

そのイメージを覆すきっかけとなったのは、2018年12月のコンサート。

ビジュアル系メイクと衣装で「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」を披露した姿が、SNSで話題に。

この映像は、twitterの「日本のトレンド1位」さらに「世界のトレンド4位」を記録。

再生回数は390万回以上を超えました。

このコンサート前の、2018年8月のインタビュー画像と比べると、イメチェンっぷりがすごいことがわかります。

氷川きよし | ホットパンツで始球式!美脚を披露で村上選手もビックリ?

2019年8月8日、神宮球場のヤクルト戦始球式。

話題になったのは、ノーバン投球ではなく、ホットパンツの美脚姿でした。

引き締まった筋肉と美脚を、村上選手が見つめる姿も話題に。

氷川きよしが女性的なイメージを持たれ始めたのは、この頃からのようですね。

氷川きよし | インスタではドレス姿、自身が制作のMVではロックな姿を公開!

2019年11月18日に、公式インスタグラムを開設。

アップされる、氷川きよしの美しい姿に、話題が尽きません。


氷川きよし自身が制作した、11月発売のシングルのカップリング曲「確信」。

ロックな姿が改めて披露されました。

20周年を迎えたタイミングで、新境地を開いたようです。

氷川きよし | 演歌だけじゃない!アニメ主題歌からCMソングまで、幅広い音楽活動!

氷川きよしの、ビジュアル系のイメージが知られたのは、「タマホーム」のCMではないでしょうか。

初めてみた人からは、KAT-TUNの亀梨和也だと思った!という声も多かったようです。

二人ともキレイな顔だちなので、見間違うのもうなずけます。

最新シングル「大丈夫」は、2019年の第61回日本レコード大賞で、最優秀作品賞を受賞

引続き、演歌歌手としても、最前線で活躍しています。

氷川きよし | ありのままのジェンダレスな姿で大丈夫!

20回目の出場となる、『第70回NHK紅白歌合戦』では、

「今までの氷川きよしというイメージをぶち壊したい」

とインタビューで答えていた氷川きよし。

宣言通り、ドラゴンに乗って熱唱する姿は、これまでの氷川きよしのイメージを覆し、誰よりも、自分に正直に生きていく覚悟を感じました。

彼の生き方に共感する、若い女性が増加しているようで、

「周りに合わせるのではなく、ありのままの自分に、正直に生きていいんだ」

との声もあるようです。

ロック歌手と演歌歌手の両面を持ち合わせるアーティストとして、2020年の活動に目が離せませんね。