コンピューター

意外と知らない?全角⇔半角や特定の文字を一括変換する簡単な方法

筆者が長年Excelを使ってきて、一番やっかいだなと感じたのが、英数字を全角で入力されているデータを扱わないといけない時でした。

データの取り扱いで、全角・半角を統一するのは基本ですが、人が作ったデータの場合、そこを制御するのは難しいですよね。

でもご安心を♪Excelには全角英数字カナを半角にしてくれるASC関数が用意されています。また逆に半角英数字カナを全角にしてくれるJIS関数もあります。

知らなかった方は是非覚えてくださいね。

ASC関数とJIS関数で全角⇔半角に変換してみよう

下図の全角で入力された文字をASC関数で半角に変換してみましょう。

=ASC(A2)

変換したいセルを選択するので、簡単ですね。

では逆にJIS関数を使って、全角の文字を半角にしてみましょう。

=JIS(A2)

ちなみに、Excelでは数字を入力するとデフォルトの設定では自動的に半角で入力されるようになっています。

もし全角で入力したい場合は、セルの書式設定で「文字列」に設定を変更するか、文字列の頭にシングルクォーテーション「’」を入力する必要があります。

特定の文字を一括で変更したい

特定の文字を、他の文字へ変更したり削除したい、または、スペースを削除したい、ということはありませんか?

これらの作業は関数を使わずに「検索と置換」という機能で行えます。
では下図のリストの「(株)」を「株式会社」へ変換してみましょう。

まず変換したい文字を含むセルを範囲指定します。
※範囲指定しなくても変換はできますが、シート全体が変換の対象となってしまうので注意してください。


次にキーボードの[Ctrl]+[F]を押します。「検索と置換」ウィンドウが表示されます。

検索タブと置換タブがあるので、「置換」タブをクリックで表示させます。
※メニューから開く場合は、[ホーム]→[検索と選択]→[置換]をクリックします。


検索する文字列変更したい文字列
置換後の文字列変更後の文字列

それぞれ入力したら、[すべて置換]をクリックします。

ここで[置換]をクリックした場合は、範囲選択した上のセルから、クリックするごとにひとつずつ置換が行われていきます。


株式会社へ文字列が一括変換されました。

特定の文字を一括で削除したい

置換の機能を使えば、文字やスペースの削除もできます。
先ほどのリストから、今度は「株式会社」の文字を削除してみましょう。

同様に、文字を削除したい範囲を選択します。

[検索と置換]ウィンドウの[置換]タブを表示させ次の通りに入力します。


検索する文字列変更したい文字列
置換後の文字列空白のまま

検索する文字列のみ入力したら、[すべて置換]をクリックします。


株式会社の文字が削除されました。

使用したのは「置換」という機能ですが、置換後の文字列を空白にすることで、自動的に削除した状態になります。

特定の文字を削除 ~応用編~

この機能は応用すれば、更に色々な使い方ができます。
ワイルドカード「*」「?」を使った方法をひとつご紹介します。

先ほど使用したリストにひとつだけ「有限会社」を含んでおきました。
ワイルドカードのアスタリスク「*」を使用して、株式会社が付く会社だけを削除してみます。



検索する文字列共通の文字列 + *(アスタリスク)
置換後の文字列空白のまま


株式会社が頭についた社名が削除されました。

関数を使わずに、文字列を変更・削除できるこの置換機能は、覚えておいて損はない大変便利な機能です。色々応用して使ってみてください。