コンピューター

Excelファイルやブック、セルの保護について解説します。

作成したExcelファイルを、社内で共有したり、メールでやり取りするユーザーも多いかと思います。

特にメールでのやり取りでは、セキュリティ対策としてファイルの保護は当たり前の時代となりました。

今回は、「ファイルの保護」「ブックの保護」「シートの保護」について解説します。

また、この機能をきちんと使える人は、Excelの中級者~上級者であることが多いです。
Excelの保護機能を使いこなして、Excelマスターになりましょう♪

シートの保護を設定する

気を付けていても、うっかり触ってはいけない箇所の文字を消してしまったりすることはありませんか?

タイトル文字等、入力者側が編集する必要がない箇所には、シートの保護の設定をおすすめします。

シートの保護を設定しておけば、入力ミスも防げるので、安心して作業ができますよね。

まずは、どのセルを編集できないようにするかを設定します。
Excelでは「セルのロック」と表現します。

デフォルトの設定では、全てのセルがロックされた状態ですので、
編集可能にしたいセルを選択し(複数選択、範囲指定でもOK)
右クリック→[セルの書式設定]を選択、[保護]タブを開きます。

セルのロックを解除する場合は、チェックボックスの☑を外して[OK]をクリックします。

セルのロック解除ができたら、シート内で編集できる内容を設定します。

シート名で右クリック→[シートの保護]を選択します。

[シートの保護]では、

・パスワードの設定
・シート内で編集できる内容

を設定することができます。

上図のように、全てのチェックを外すと、シート全体内では編集が一切できなくすることもできます。この場合カーソルも表示されず、閲覧のみできる状態です。

セルロックの有無に関係なく、カーソルでセルを選択させても良いという場合は、
「~セル範囲の選択」という2か所にチェックを入れておくとよいでしょう。

ロックされたセルにカーソルを移動させることはできますが、編集しようとすると
下図のようにエラーが表示され、編集できないことを知らせてくれます。

これらの設定を変更されたくない場合は、パスワードの設定をしてください。

また、シートの保護の解除は先ほどと同じく、
シート名で右クリック→[シートの保護の解除]をクリックすればOKです。

パスワードを入力している場合は、ここでパスワードの入力が求められます。

ブックの保護を設定する

作成したシートが複数になった場合、シートの並び順も重要になってくるかと思います。
ファイルを共有している場合、このシートの並び順を変更されると困りますよね。

そんな時は、ブックの保護を設定します。
シートの保護よりも手順は簡単です。

メニューの[校閲]→[ブックの保護]をクリックします。

[シート構成とウィンドウの保護]でパスワードを入力し[OK]で閉じます。

これでブックに対する編集ができなくなりました。シート名を右クリックし、メニューを表示させると、シートの挿入や移動、シート名の変更などができないことが分かります。

ブックの保護を解除する場合は、設定時と同じく、メニューの[校閲]→[ブックの保護]をクリックし、パスワードを入力すれば解除されます。

ファイルの保護を設定する

最後に、ファイルの保護を設定してみましょう。

[名前を付けて保存]の画面を表示します。
[ツール]→[全般オプション]をクリックします。

全般オプションの画面が表示されます。ここで
設定できるパスワードは2種類あります。

 

【読み取りパスワード】
ここでパスワードを設定した場合、ファイルを開くのにパスワードが必要となる。

パスワードを設定せずに「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れると、
ファイルを開くたびに、メッセージを表示させることができる。

 

【書き込みパスワード】
ここでパスワードを設定した場合、ファイルへ書き込み後「編集→保存」する場合に
パスワードが必要
となる。

ただし、上書き保存はできないが、別名で保存する場合はパスワードは不要

ファイルを共有する場合は特に、今回紹介した3つの保護の設定を使い分け、入力や操作ミスを防いだり、セキュリティを強化していきましょう。