ニュース

Qアノンとは情報まとめ|全てはトランプ大統領就任から開始した軍事作戦だった

2020年6月5日、ついにトレンド入りした「Qanon」というワード。

今回はQAnon支持者の方たちからの情報をもとに、まとめさせていただきます。

記事をお読みいただく前に、こちらの動画をご覧いただくことを、オススメします。

【Q- THE PLAN TO SAVE THE WORLD (日本語吹き替え版)】

【CIAによるメディア支配 (日本語字幕版)】

Qアノン情報|全てはトランプ大統領就任から開始した軍事作戦

QAnonと世界救済計画”Q”

QAnonとは、世界救済計画”Q”を支持する、アメリカ愛国者を示します。

そのため、基本的に日本に「QAnon」は存在しませんが、Twitter上ではQAnonを支持する意味で、ハッシュタグで使用されています。

では世界救済計画”Q”とは何か。

“Q”の計画は、ジョン・F・ケネディの暗殺事件から始まりました

JFK暗殺の理由については、未だに多くの謎に包まれていますが、彼はディープステートと呼ばれる支配層から、国民を開放しようとしたため暗殺されたと言われています。

世界救済計画”Q”は、ケネディ大統領が成し遂げようとした、国民を支配層から解放することと、ケネディを暗殺した支配層の大量逮捕

“Q”と名付けられたのは、ケネディ家の墓地の形状が、”Q”となっていることからと、言われています。

トランプ大統領就任によって開始された”Q”計画

軍の善良な愛国者と、世界中の協力者が、支配層から国民の手にアメリカを取り戻すため、大統領として出馬して欲しいと依頼されたのが、ドナルド・トランプ氏

彼は愛国者であり、JFKジュニアの親友でした。

トランプ大統領は、誰もが知るセレブであり、生活には全く不自由していません。

地位や名声のためだけに、リッチで自由な生活を捨て、自分や家族が危険に晒される危険を冒し、大統領になろうとは思わないですよね。

しかしトランプ大統領は、その愛国心からアメリカを国民の手に戻すため、年俸1ドルだけ受け取る約束で、大統領の道を選んだのです。
トランプ氏の出馬が決定してから、ディープステートは数々の選挙妨害を行いましたが、トランプ大統領は見事に当選。

これは国民の多くが、アメリカがディープステートによる支配下に置かれていた事実を知り、目覚めた結果でした。

そして、トランプ大統領誕生をきっかけに、Q計画が開始します。

メディアが報道しない”Q”計画の内容

ホテルオーナーを務める経営者のトランプ氏に、大統領は務まるのか。

メディアはトランプ大統領に、悪い印象を持たせるような報道を流し続け、民主党のヒラリーを支持していた、ハリウッドの有名人やセレブ、エリートたちは、トランプ大統領の政策に批判の声を上げました。

しかし、トランプ大統領が成し遂げてきた功績を知ったら、批判している側がおかしいということに気づくはずです。

メキシコ国境に壁を建設すると宣言したのは、麻薬組織や人身売買阻止のため。それに反対するのは、犯罪者やそれに加担している組織。

トランプ大統領は、人身売買撲滅に最も力を入れており、その被害者である世界中の子供たちを救っているのです。

人身売買に関わった、ヒラリー・クリントンや、それを支持していた前大統領のオバマについても、アメリカでは”オバマゲート”として話題になり、ヒラリーは起訴されています。

またトランプ大統領は、FRB(中央銀行制度)を米国財務省に吸収させ、実質的に国有化

これもジョン・F・ケネディ大統領が、成し遂げようとしていたことでした。

これらはアメリカの話ではありますが、日本の政治はアメリカの情勢に大きく依存しており、Q計画は日本で実行されています

その一つに、財務省と日銀の共同談話のニュース

この報道以降、更なる給付金などの支援対策が増えました。

まだはっきりと報道されていませんが、日銀が財務省の指示に従うようになったことから、国有化は近いと言えるでしょう。

Qアノン情報|コロナパンデミックの裏で行われている”Q”計画

コロナパンデミックはディープステートが仕掛けたもの

中国武漢から発生したと言われる、コロナパンデミック。これはディープステートが仕掛けたものでした。

ディープステートが目標としているのは、人類家畜化計画と人類削減計画で、風邪レベルのウイルスをバラまき、人々を恐怖に陥れ、ワクチン接種させることが目的

ワクチン開発に関わる利権で、儲けようと企んでいるのです。

新型コロナと言われているウイルスの危険度は低く、ワクチン接種の方が、危険をともなう可能性があることを、メディアは一切報道しません。

メディアもディープステートに支配されている証拠ですね。

ビルゲイツは、コロナワクチンの利権を、パンデミックが起こる前から取得していました。

ビルゲイツもディープステート側いる人物なのです。

ワクチンにはナノレベルのチップを仕組む計画もあるとか。

しかもこのチップは5Gの影響で、免疫力を低下させることができるそう。

この時期に5Gの導入が進められているのは、ワクチンを接種した人の免疫力を低下させ、病人を増やし、医療業界を儲けさせる仕組みなのです。

自粛要請で、メディアでは医療崩壊だと大騒ぎしていましたが、これはコロナ感染で患者が増え現場が混乱したのではなく、患者がいなくなり、医者が儲からなくなった結果。

外出しないので事故も減り、身体に気を付けた生活を送ることで、病院へ行かなくて済むようになると、医療業界は崩壊します。

そう、病人やけが人が増えないと、医療業界は儲からないんです。

存在しない癌という病気を創り出し、がん利権で医療や保険業界が儲かるのと同じ

戦争が無いと、武器を作る会社や商人が儲からないのと同じですね。

世界中で発表されている死者数は、コロナによるもので無かったことも、暴露されています。

ご自身の周りで、コロナに感染した方はいらっしゃいますか?

私はかなり都心に住んでおり、満員電車で通勤する人々もたくさんいますが、誰一人として、コロナに感染した人を知りません。

コロナの真実、ワクチン接種、5Gの危険性、についてはどうかご自身でも調べてみてください。

ディープステートは、自分たちが自由に使えるお金を儲けることしか考えていません

コロナパンデミックの裏で行われた”Q”計画とは

ディープステートによるコロナパンデミックは、Q計画の実行者たちは、いち早くキャッチしていたようです。

アメリカ国内では、3月からロックダウンが開始され、それと同時にQ計画が開始。

ディープステートの計画に逆手に取ったのです。

部隊はアメリカ国内の、犯罪で使用されたと思われる施設を、くまなく捜索し、人身売買で誘拐された多くの子供たちを、人知れず救出されました。

子供たちの誘拐や人身売買が横行しているのは、需要があり儲かるから。高額で取引できるだけの、資産があるのはセレブやエリート層です。

彼らが手を伸ばすのは、若返り効果があると言われている、スーパードラッグ「アドレノクロム」

アドレノクロムの成分は、子供から採取しているのです。

おぞましい話ですが、調べれば調べるほど、これが真実であることは、すぐに分かるでしょう。

アドレノクロムに関わった人物は数多く存在し、誰もが知る有名人や企業のトップも、関わっていると言われています。

彼らは罪の重さに応じて起訴され、収監されているという話も。

有名人ばかりが、コロナに感染したという報道に、違和感は感じませんか?

大手企業のCEOや会長の退任が多いの、違和感は感じませんか?

アドレノクロムの常用が蔓延しているハリウッドでは、いよいよ軍隊が配備されました。今後の動きに注目です。

“Q”計画は日本でも実行中

これを日本に置き換えると、緊急事態宣言後、日本各地では微震が続き、連日ヘリコプターが飛んでいたことに、皆さんはお気づきでしたか?

アメリカ同様、日本国内でも犯罪組織の施設が捜索されていたようです。

子供たちが集まる場所が、閉館したり営業停止になっているのは、本当にコロナの影響だと思いますか?

人気のテーマパークでは、人知れず子供が行方不明なるという噂が絶えないのは、無関係でしょうか。

過去に起こった巨大地震は、ディープステートが仕掛けた人工地震で、東日本大震災も意図的に起こされた地震だったようです。

今回の捜索では、各地に仕掛けられた人工地震発生装置も、取り除かれたようですよ。

自然発生による地震の波形は、最初に微震が波形に現れますが、人工的に発生した場合は微震はなく、突然大きな波形が現れるので、明らかな違いを確認できます。

Qアノン情報|”Q”計画最終章!?ディープステートの資金停止

白人警察官が、黒人男性を取り押さえ、死亡させたことから起こった人種差別に対する抗議デモ。

しかしこの事件自体でっち上げられたもので、抗議デモはANTIFAと呼ばれる、ディープステートからの資金で、暴動を起こすテロ集団でした。

これには、トランプ大統領を非難している、中国共産党も関わっていると思われます。

日本で行ったデモも、同じくANTIFAが関わっていたころから、裏で操っていた組織は同じでしょう。

トランプ大統領率いる”Q”は、今のところほぼ計画通り進んでおり、ディープステートの資金の抑え込みに、成功しつつあるようです。

大統領選が近いのもあり、トランプ大統領を陥れるために、仕掛けてきたディープステート側の、最後のあがきかも知れません。

アメリカでは、すでに軍や警察官を配備し、戦闘態勢に入ったようですが、戦争を回避し、暴力での解決を望まないトランプ大統領。

チェスの名手でもあるトランプ大統領のことですから、先手を考えた作戦があるのかもしれません。

今月中には、何か大きな動きがあると噂されています。

Q計画については知りたい方は、Eriさんが発信しているのでフォローをオススメします。
※画像クリックでTwitterへリンクします

残念ながら、国民が知るべき内容は、テレビなどのメディアは報道しません。

必要な情報は、是非ご自身でつかんでいくように、心掛けることをおすすめします。